芸能

睡眠薬の入手ルートに芸能人御用達「産婦人科医」と「政界弁護士」が…/テレビ局プロデューサーの「危うい趣味」(3)

 多くの俳優を欲望の対象としてモーションをかけてきた、民放キー局Xの男性プロデューサーN氏。彼がかつての人気俳優Mを相手に、ハレンチ動画撮影に及んだことはすでに紹介した(2月19日公開記事)。

 芸能界にはかねてより、都市伝説のように「枕営業」があると噂されてきた。とはいえ、誰しもキャスティング権を持つ権力者に支配されようなどとは思わないだろう。

 N氏の場合、Mのみならず、複数の売れっ子俳優を手籠めにしてきたようなのだが、交渉が不調に終わった際、アルコールに睡眠薬を入れていたという不穏な情報が浮上しているのだ。

 事情を知る、X局の関係者が明かす。

「中には、キャスティングされたくて、喜んで話に乗るタイプもいたかもしれない。以前、スキャンダルを起こしたこともある中堅俳優Hはどうだったか…。それはさておき、Nには睡眠薬を使って強引にコトを進める手口があるわけですが、その入手先として、有名産婦人科のT医師が絡んでいるというんです。T医師の病院は、有名女優Nが極秘裏に堕胎手術をしたこともあると言われるほど、芸能界に食い込んでいる」

 医師を巻き込んだ薬事法違反の案件であるというのだが、こうした協力者との繋がりが、さらなる深い闇を形成しいているという。

「政界に通じたK弁護士も仲間のひとりで、睡眠薬の供給先があちこちにあるというんです。あくまでNは男の役者がターゲットですが、女優らを食い物にしようというよからぬ輩も、Nプロデューサー、T医師、K弁護士の3人とは親しくしてきたようで…」(前出・X局関係者)

 悪行ズブズブの闇人脈が、芸能界に蠢いているのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談