スポーツ

「素顔のゴッドハンド」大山倍達との濃密な日々(2)館長室にいた「世界的映画スター」との会話

「チミ、ちょっと来ないか。今日は俳優が来るから」

 館長から電話が来たのは、1988年のことだった。

「俳優ですか」

「うん。来れば分かるから」

 意味も分からないまま、西池袋の極真会館へと向かった。近くのパーキングに車を止めて、いつものように2階の館長室へ向かうと、大柄な白人の男が一人でソファーに腰掛けて、館長と談笑していた。彼は30歳ぐらいで、身長は190センチほどのがっしりした体型だった。

「遅くなってすみません」

 約束の時間より2、3分遅刻したので、頭を下げた。

「彼はスウェーデン出身で、極真の大会で3位になっているんだよ。今回、日本には映画の宣伝で来ているけれど、挨拶をしたいって来てくれたんだ」

「ああ、そうなんですか。初めまして」

 お互いに自己紹介をしながら握手を交わしたが、彼の名前は聞き取れない。

「ドルフ・ラングレンくんといって、現在はオーストラリアに住んでいるんだ。空手も上手いし、頭も相当いいからね」

 館長がフォローしてくれた。

「どんな映画に出たの?」

 私は彼がペーペーの俳優なのだろうと、すっかり思い込んでいた。非常に謙虚で、館長を前に緊張しているのが伝わってくる。

「『ロッキー』のパート4です」

「はぁ?」

 こいつは何を言っているんだ。あの「ロッキー」に出たのか。冗談を言っているのかと、私はポカンとした。

「だって『ロッキー』といえば、シルベスター・スタローンが主役だろ。キミは何の役?」

「スターローンの相手役で、ロシア人役なんだ」

 笑うしかなかった。彼が出演しているのは「ロッキー4/炎の友情」で、その宣伝のために日本に来ていると説明する。それにしては新聞記者が誰も来ていないし、映画の配給会社の関係者すらいないのだから、鵜呑みにはできなかった。どうやら秘密裡にここにきたらしい。

「どこに泊まっているの? オレの車で送って行くから、ホテルはどこ?」

 先輩風を吹かせて彼に言った。

「帝国ホテルだけど、映画会社の車が送ってくれるから」

 館長室を出て一緒に外へ行くと、黒いリムジンが止まっていて、運転手が最敬礼をするではないか。あちゃあ、こりゃあ本物じゃないか。写真も撮らなかったし、サインも貰っていなかった。よくも「送っていくから」などと、恥ずかしげもなく言ったものだ。今でもそれを思い出すと、赤面してしまう。

 その後、日本で公開された映画は大ヒットし、ドルフ・ラングレンは日本中で知られる俳優となったのである。

(深山渓)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
とんねるず・石橋貴明が大谷翔平のドジャース・キャンプを訪問したらスター選手が興奮熱狂!その理由は…
2
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
3
日本ハムで「清宮幸太郎不要論」が増幅中!キャンプ故障不在で「戻ってきても居場所が…」
4
高橋英樹の「新幹線座席の選び方」に鉄道専門家が唸った!「9号車中央右側」は喫煙ルーム廃止でどうなる
5
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応