社会

芸能人の「ゴムなし行為」言い訳でわかった「飲む中絶薬」の危険度

「飲む中絶薬」がついに登場する──。去る2月、厚生労働省が国内初の経口妊娠中絶薬の製造販売を承認。この3月にも正式に承認されるかもしれないのだ。

 現場の医師や望まない妊娠をしたくない女性たちからは「女性の選択肢が広がる」として期待が高まる一方で、大きく波紋が広がっている。

 というのは、先日、劇団EXILEの人気俳優・鈴木伸之が女性を妊娠させ「産んでも認知はできない」と通告するなどしたスキャンダルが報じられたからだ。結果、その女性はやむなく堕胎したというが、女性たちはいまも賛否を論じている。それは以下のような感じだ。

「女性からすれば、悲しい結論を出さないといけない局面で、最大限に体の負担を軽くできるなら、経口中絶薬は有効だと思う」

「日本の中絶は手術が一般的だし、子宮内を金属製器具でかき回したり、管で吸い出そうとしたりと、世界的には時代遅れもはなはだしい。そうかといって、中絶は反対なんだけど…」

 あるいは、こんな意見もある。

「銀座ホステスをしている友人が芸能人に誘われて、一夜限りのアバンチュールを楽しんだんです。でもその芸能人は避妊をしなかったらしく、『ゴムをつけて』と頼んだら『妊娠したら飲む薬があるから大丈夫だよ』と言われたそうです。男性も女性も『妊娠したら薬でなんとかできるからいいや』って軽い気持ちになる人が増えるんじゃないか。そう考えると、薬はちょっと…」

 産婦人科医は、次のように力説した。

「薬にしても、体に負担がかかることは間違いありません。男性優位の社会はもうおしまい。女性も妊娠を望まないのであれば、必ず避妊を。さらには、相手を見極めて」

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
5
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!