芸能

「演歌の女王」島倉千代子がジーンズ姿だったので…「誰だかわからない」事件秘話

 3月30日は美空ひばりと並ぶ演歌の女王と呼ばれた、島倉千代子の誕生日である。1938年(昭和13年)に東京・品川で誕生したというから、生きていれば85歳になる。残念ながら2013年11月に、75歳で病死したが、彼女とは何度も仕事でお会いしていたので、その優しい性格をよく知っている。

 55年のデビュー曲「この世の花」が200万枚の大ヒットを記録し、57年の「東京だョおっ母さん」は150万枚。紅白歌合戦にも出場し、1年年輩だった美空ひばりと人気を二分したものだ。

 他人を信じやすい性格が災いして、連帯保証人になったために数十億円もの負債を背負ってしまったが、借金返済のために身を粉にしてコンサートなどを精力的にこなし、借金を完済している。

「こんにちは。お世話になっています」

 ある日、テレビ局の廊下ですれ違ったのは、ジーンズ姿のショートカットの中年のおばさん。挨拶されても、その時は誰なのか分からなかった。

 その1週間後だったと思う。番組の打ち合わせで局の喫茶ルームに行ったところ、「あのおばさん」と会ったのである。この日もジーンズ…それが島倉だったので驚いてしまった。

 島倉といえば着物姿を連想しがちだが、60歳手前でジーンズというのは全く意外であったし、マネージャーを連れないで打ち合わせに来ることも珍しくなかった。化粧をほとんどしないスッピン状態なので、島倉だと気が付かない者がほとんどだった。自分を自慢したり飾ったりすることもなく、キャッキャと笑う姿はまるで女子高生。「人を信じやすい性格」は、こんなところにも表れていたと思う。

「まさか島倉さんがジーンズを履くとは思いませんでした」

「楽でいいのよ」

 島倉は木村拓哉のファンで、木村がベストジーニストに選ばれたのに憧れていた…と知人から聞いたことがあるが、それが本当なのかどうかは分からない。99年には島倉が協議会選出部門でベストジーニストに選出されているが、この時、島倉は61歳であった。

 87年に発売された「人生いろいろ」は、久しぶりの大ヒット。若い世代にもファンが増え、お笑い芸人が島倉の真似をし始めたことも、彼女の芸の幅を広げるきっかけとなった。小泉純一郎元首相が繰り出した「人生いろいろ。会社もいろいろ」の珍答弁が記憶にある人は多いことだろう。

 女性としては大柄な島倉のジーンズ姿は、足が長く見えて、似合っていた。とはいえ、演歌の女王が着物姿でなかったことは、私にとっては驚きのある「事件」だったのである。

(深山渓)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    悩める男性を2人が全力応援!YouTube番組「オトナの保健室」がいま話題に

    Sponsored
    249165

    30代後半あたりから悩む男性が急増するというAGA(男性型脱毛症)。「数年前の自分の写真と比べて生え際が後退している」、「風呂上りにドライヤーをかけると頭皮の見え具合がハンパない」など、気付くきっかけはさまざまだが、一度気になり始めると普段…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
プロ野球セ・パ交流戦“一触即発”ベンチ裏レポート(1)西武・山川穂高が被害女性を怒らせた示談金拒否
2
メッシがバルサを蹴ってサウジ移籍を選ぶ「年俸900億円」度外視のダメ押し理由
3
満身創痍の照ノ富士が「10回優勝」にこだわる「日馬富士暴行事件」の怨念
4
オリラジ中田敦彦が「松本人志批判」動画からコッソリ削除していた「問題の部分」
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」【アサ芸プラス2023前半BEST】