芸能

「あまちゃん」出演俳優で岩手三陸の方言が最もうまかったのは誰か? 地元民が選んだのは…

 NHK BSプレミアムで再放送中の「あまちゃん」で、2013年の流行語に選ばれたのが「じぇじぇじぇ」だった。驚いた時に発することになっているが、実はこれ、脚本を担当した宮藤官九郎の造語である。

 東日本大震災でよく聞かれるようになった「津波てんでんこ」という言葉も、三陸地方で昔から使われていたことはなく、1990年に三陸の田老町(現・宮古市)で開催された第1回全国沿岸市町村津波サミットで、津波災害研究者の山下文男氏が、津波がきたらいち早く逃げることを「津波てんでんこ」と提唱した造語だった。

「『じぇじぇじぇ』なんて、聞いたこともありません。年配の方が『ざ』とか『ざざっ』と驚いた時に言うことはありますけど。まぁでも、驚いた時の感嘆詞とすれば、許容範囲じゃないですか」(岩手県久慈市役所の元職員)

 北海道に次ぐ面積の岩手県であるから、地域によってアクセントや方言が異なってくるのは当たり前であるが、内陸と三陸は明らかにアクセントが違い、三陸でも県南の大船渡以南は気仙語と呼ばれる独特のアクセントになる。

 一説によると、山に阻まれて交通の便が悪かった三陸と内陸の交流は少なく、海上交通で房州(千葉県)あたりとの影響が大きかった。「~だべ」「~だっぺ」という語尾は、房州の影響だとされている。

 つまり「あまちゃん」の舞台となっている、架空の北三陸市がある久慈市は三陸言葉であって、明らかに盛岡や花巻などがある内陸地方の言葉とは異なっている。

「テレビを見ていて、役者さんが喋る言葉に違和感を持つことは少なくなかったです。『あんな喋りはしないぞ』という感覚です。市内の知人たちも同じような意見でした。方言指導をしているのが盛岡の方なのが、失敗ではないかなと噂していました」(久慈市内の50代主婦)

 確かに方言指導をしているのは盛岡出身の2人であり、三陸地方の方言に精通しているとはとても思えなかった。

「それでも上手い役者さんもいて、さすがだと思ったこともあります」(前出・50代主婦)

 そこで、この主婦に頼んで「あまちゃん」を見ていた知人ら8人に、上手い役者を挙げてもらった。選者の年齢は50代以上で、男性も含まれる。

「誰もが挙げたのは、宮本信子さんですかね。盛岡を舞台にした朝ドラ『どんど晴れ』にも出演していたから、言葉に慣れていたのかもしれませんが、喋りの間が実に上手いと思います。渡辺えりさんは山形市の生まれ育ちですから、慣れているのでしょうが、最も上手かったのは吹越満さんで間違いありません。素で喋っているっていうか、方言がしみ込んでいるんでしょう」(前出・50代主婦)

 吹越は青森県上北郡東北町出身であり、江戸時代は南部藩の地域であった。青森県は津軽と南部に分かれており、言葉も全く違うし、雪の多い津軽と比較して、三陸地方の八戸市などは積雪が少ない。

 吹越は役者として演じていたのだろうが、自分がネイティブな喋りをできる喜びすら、視聴者が感じてしまうほどの怪演だった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス