芸能

浅田美代子と山口百恵が火花を散らし…カラオケで勃発した「聖子VS明菜」代理戦争

 80年代の日本歌謡界を彩った二大アイドル、松田聖子と中森明菜。1982年にデビューした明菜は昨年、デビュー40周年を迎えた。つまり両者がアイドルシーンのトップを争っていた時代から、はや40年が過ぎたことになる。

 ところが今、そんな2人の「代理戦争」が、思いも寄らぬ形で熱い火花を散らしているという。

「女性自身」によると、聖子VS明菜を演じているのは、浅田美代子と三浦百恵(山口百恵)さんだという。

 浅田は1973年2月、ドラマ「時間ですよ」(TBS系)でデビュー。アイドル歌手としては、同年4月リリースの1stシングル「赤い風船」がいきなりオリコンチャート1位を獲得し、48万枚を売り上げる華々しいスタートを切った。

 一方の山口は72年の「スター誕生」で準優勝すると、73年4月に映画「としごろ」に出演。5月には1stシングル「としごろ」が発売されたが、オリコン最高37位、6.7万枚の売上げと、デビュー作の評判は今ひとつだった。

 山口の曲がヒットするようになったのは、2枚目のシングル「青い果実」以降。「女性自身」の記事によれば、同期の2人はお互いにライバル意識があったというが、山口は3歳年上で天然な性格の浅田を、次第に姉のように慕っていったという。

 2人の友情は、それぞれに共演した三浦友和を通して強い絆で結ばれていく。浅田は77年、友和が尊敬していたシンガーソングライターの吉田拓郎と結婚。そして山口は80年に友和と結婚した。

 浅田と山口の交流は、40年が経過した今も変わらず、2人でカラオケを楽しむこともあるのだとか。

 となると気になるのは、2人が何を歌っているのか、だ。浅田の十八番は聖子の「SWEET MEMORIES」で、山口は明菜の「北ウイング」を、明菜のモノマネで歌うという。

「2人のカラオケはぜひ拝聴してみたいところです。聖子がアイドルの王道なら、明菜は百恵ちゃんを彷彿させる歌唱力があった。自分の真似をしながら歌っていると知ったなら、明菜はどんな反応をするのでしょうね」(アイドルライター)

 先日、いよいよ復活すると報じられた明菜。今年こそ、紅白歌合戦で聖子との共演を見たいものだが…。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】