スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ルージュスティリアの勝ち負け」

 春GIシリーズのただ中。初夏の香りが充満する今週のメインは、ヴィクトリアマイルだ。今年で18回と、まだ歴史の浅いGI戦だが、4歳馬以上の牝馬が集うマイル戦。なかなか見応えがある一戦である。

 先週のNHKマイルCと同様、ごまかしの利かない力どおりの決着を見込んでいいレースでありながら、これまでの17年間で馬単による万馬券は7回(馬連は3回)。調子の波が大きく消長の激しい牝馬だけに、評判馬がそのまま──というわけにはいかず、下馬評どおりに決着しないというのがこのGI戦の特徴だろう。

 過去17年間のデータを見ても1番人気馬が5勝(2着4回)、2番人気馬は2勝(2着0回)。1、2番人気馬によるワンツー決着は、わずか1回のみだ。

 牝馬は6歳を過ぎると繁殖に上げることが多いこともあるが、このGIは4歳馬が過去17年間で9勝(2着12回)と群を抜いている。これに続くのが5歳馬の6勝(2着4回)。6歳、7歳馬はともに1勝で、馬券的には生きのいい4、5歳馬に目をつけるのが筋ということになる。

 それにしても今年は難解だ。絶対視できる馬が見当たらないというか、質の高い馬ばかりがそろい「ハイレベルな混戦」とみていいのではないだろうか。

 そうした中でも、昨年度の3歳女王の座に就いたスターズオンアースが最有力と言ってよさそうだが、桜花賞馬でありながら、現状としてはマイルよりも中距離がベストと思えてならない。しかも前走の大阪杯(2着)が脚部不安明けでの好走だったことを思うと、俗に言う“2走ボケ”の不安もなくはない。強い馬であることは確かだが、穴党としてはどうしても疑いの目を向けたくなる。

 悩むところだが、もろもろ考慮した上で最も期待を寄せてみたいのは、4歳馬のルージュスティリアだ。

 前走の阪神牝馬Sは昇級初戦。しかも2カ月半ぶりの実戦だった。1番人気を裏切る結果となったが、久々だったことを思うと、やはり本来の姿に戻っていなかったのだろう。それでも勝ち馬とは2馬身半差の6着(コンマ5秒差)。まともだったら──、と惜しまれる内容だった。

 休み明けを一度使われた今回は実に雰囲気がいい。落ち着き払って好気配。1週前の追い切りもリズムに乗った軽快な動きで、陣営もヤル気をにじませる。

「使われて良化していることは間違いない。ひ弱さが消えてたくましくもなっている。東京コースに悪いイメージはない」

 と、厩舎スタッフが口をそろえるほど。ならば、やれていいのではないか。

 デビュー戦でスターズオンアースを破って勝ち上がった馬。祖母ワンデスタはサンタバルバラHなどGI3勝馬。血統的背景もよく、走りっぷりから道悪も不安はない。勝ち負けになるとみた。

 逆転候補に挙げたいのはナムラクレアだ。前走の高松宮記念は2着。スプリンター色が濃そうに見られがちだが、ここにきて折り合い面で進境が見られ、末脚に磨きがかかっている。

「以前のように行きたがる面がなくなったのはいい。東京は初めてになるが、左回りはスムーズで、合うイメージ」とは、厩舎関係者の弁。

 こちらは曾祖母クードジェニーがモルニー賞など仏GIを2勝している馬。折り合いを欠く場面があった桜花賞でもスターズオンアースにコンマ1秒差の3着に好走しており、成長著しい今なら、チャンスは十分あっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画