芸能

時任三郎が真田広之と開いた「合同結婚披露宴」に「子孫繁栄」の垂れ幕/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 先ごろ、またしても韓国で旧統一教会の合同結婚式があり、朝からワイドショーで大きく取り上げられていた。実はかつて、芸能界でも「合同結婚披露宴」なるものを開いたカップルがいた。むろんこちらは、勝手に決められたマッチングなどというものではなく、「どちらも披露宴をしていないから、一緒にやろうよ」と時任三郎が呼びかけたものだった。

「最初は冗談だと思ったけど、どうせ共通の友人が多いし、2度スケジュールを割いてもらうのも悪い」

 と言ってこれを快諾したのは、真田広之・手塚理美夫妻である。そして91年4月13日、東京・渋谷のライブハウスに友人約350人を集め、この2組の合同結婚披露パーティーが開催されたというわけである。

 時任が所属事務所の後輩で元女優の千佳夫人と結婚したのは、前年12月。2月22日にロケ先の埼玉県川越市で結婚発表記者会見を行った時任は、前年末にパラグライダー仲間とニュージーランド郊外の山に登った際のことを挙げて、

「満月があまりきれいだったので、みんなで『ここで結婚式をやろう』ということになって。簡素なものでしたが、でも俺たちにとっては本当の式だったと思います」

 ただ、突然の結婚に「もしかすると、妊娠では?」との質問が出たが、

「それはないですけど、日夜励んでいます。近いうちに可能性はあるかと。出生率の低下もあり、社会に貢献するために…。理想は20人くらい」

 顔を赤らめながら照れくさそうに微笑んだのだった。

 さて、披露パーティーには、時任が出演する「ふぞろいの林檎たち」(TBS系)から中井貴一、柳沢慎吾ほかメンバーが勢ぞろい。一方、真田が出演する「太平記」(NHK)グループからは陣内孝則、柳葉敏郎らが出席。むろん、真田の親代わりである千葉真一・野際陽子夫妻も列席し、さながらオールスター夢の共演といったところである。

 そんな中、「子孫繁栄」と記された紋付で登場した新郎2人がくす玉を割ると、中からも「子孫繁栄」の垂れ幕が。実はこの時、手塚はすでに妊娠6カ月で、時任の千佳夫人も妊娠3カ月。この「子孫繁栄」披露宴は笑いあり、涙あり、そして錚々たるメンバーによる生ライブありで、大盛り上がりの中、フィナーレにはビリー・ジョエルの「ザ・ロンゲスト・タイム」を全員で熱唱し、幕が降ろされたのだった。

 しかし、そんな盛大なパーティーから6年後、真田夫妻はすったもんだの末、離婚を発表した。一方、時任夫妻は3人の子供に恵まれ、うち2人は芸能界で活躍。スピリチュアルカウンセラーやヨガインストラクターとして活躍する夫人との夫婦仲も、円満だと伝えられる。

 ちなみに当時、時任は栄養ドリンク「リゲイン」のCMに出演して「24時間、戦えますか!」というフレーズが流行語大賞にノミネートされた。会見で語った「子供は20人」はさすがに難しかったが、文字通り「24時間男」の面目躍如となったわけである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日