社会

【超神秘ドキュメント】天文学チームが解明!太陽系外惑星の昼と夜の狭間「ターミネーター・ゾーン」に潜む生命体

 この研究が進めば、太陽系外惑星の昼と夜の狭間にいる、宇宙人の存在が明らかになる可能性が出てくるかもしれない。

「恒星から遠く離れた太陽側と夜側を持つ『ターミネーター・ゾーン』と呼ばれる特別な領域内に、異星生命が存在する可能性がある」

 そんな驚くべき仮説を発表し、世界の天文学者に波紋を広げたのは、カリフォルニア大学校アーバイン校の天文学チームだった。科学ジャーナリストが解説する。

「これまでの地球外生命の捜索は惑星ばかりでしたが、このチームは恒星に対し常に同じ面を向けている惑星のターミネーターゾーンに着目。恒星は非常に低質量で、その中心部は比較的低圧、さらに核融合の速度が遅いため温度は低く、その7割が赤色矮星だとされてきました。赤色矮星を公転する惑星は、潮汐の影響で自転と公転のサイクルが同期しているものが多く、したがって特定の面が常に恒星の方向に向いている。そのため、片側は永遠に昼で、その裏は永遠に夜になっています。そして、その昼と夜を隔てる境界こそが、生命体が存在するとされる『ターミネーター・ゾーン(明暗境界線)』と呼ばれるエリアなんです」

 このチームの研究によれば、惑星の昼側は灼熱の暑さで生きられず、逆に夜側は凍えるような寒さで、こちらもとうてい生存は無理。ターミネーター・ゾーンは、『適温帯』の内側に存在すると推定されることから、生命に必要不可欠である水が存在するかもしれないのだ。

「つまり、心地いい温度で、しかも液体である水がある。そうなると、そこに宇宙人が潜伏している可能性も否定できないというわけです。研究チームのアナ・ロボ博士は、焼けつく熱さの昼側に住むことは不可能だが、極寒の夜側は氷に覆われている可能性が高く、そうであれば液体が存在するかもしれない。『今後、さらに気候を研究することで、人間が将来、居住可能な惑星を発見できる可能性が広がるはず』と期待を膨らませているのです」(前出・科学ジャーナリスト)

 世界の天文学者が、この研究の行方を注視している。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」