芸能

千原ジュニアに課せられた「魔のルート」!「人家なし」山奥地帯で「歩き地獄」が襲いかかる旅

 今度の旅は、これまでにない厳しいものになりそうだ。千原ジュニアの「タクシー乗り継ぎ旅」最新回が、5月20日の「土曜スペシャル」(テレビ東京系)で放送される。

 ゲストは元卓球選手の水谷隼。群馬県前橋市をスタートし、福島県猪苗代町にある野口英世記念館を目指す。このルートはかなり難しいと、旅番組関係者が言う。

「ジュニアがどんなルートを選ぶかわかりませんが、おそらく国道122号を通って、まずは日光を目指すことになるでしょう。わたらせ渓谷に沿って山を登っていくわけですが、日光に近づくにつれて民家は少なくなり、やがて人の営みはなくなります。タクシーを呼んでくれる人を探すのに、苦労するはず。山奥を長距離、歩くことになるかもしれません」

 日光から先も厳しい旅になりそうで、

「国道121号か国道4号を北上していくことになるはずですが、どちらを通っても、猪苗代湖近くでは人家がグッと減ります。ゴールを目前にしてリタイヤ、なんてこともありそうです」(前出・旅番組関係者)

 ジュニアは現在、4連敗中。次こそ成功させたいはずだが、はたして叶うのか。かなり追い込まれた状況といえるだろう。

「番組スタッフはなぜ、こんな厳しいルートを設定したんでしょうね。ジュニアは食事の時にビールを飲むことが多く、前回では高級寿司店に寄って、昼からシャンパンのフルボトルを開けました。そんなに余裕をもって旅をするのならとことん厳しくしてやろう…そんな考えが浮かんできますね」(テレビ誌記者)

 苦しい旅路で、ジュニアがどんな顔を見せるのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」