社会

「養老乃瀧」が謝罪!トイレの掲示物が女性客を怒らせた「無料コンパニオン扱い」の大失敗

 居酒屋チェーンを展開する「養老乃瀧」がグループ公式ツイッターアカウントで、女性用トイレの掲示物について謝罪した。

「おやじが喜ぶお店にご来店いただきありがとうございます」

 神奈川県内の店舗に訪れた客がSNSに投稿したのは、トイレに貼られていた掲示物だ。木目の背景にはペンで「女性が来てくれるなんてとっても嬉しいです!!」など、女性客に向けた文言があった。

「また、わいわいガヤガヤおやじの相手をしてあげてください」「おやじに疲れたらまたこの空間に来てくださいね。いつでもお待ちしています」締めくくられており、「気持ち悪い」「女性客を無料コンパニオンにしようとしてる」など、SNS上で物議を醸していた。

 この騒動に、養老乃瀧グループは「店内表示物に関するお詫びとお知らせ」と題して、次のような謝罪文を掲載した。

「我々の認識が甘く、皆様には大変不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ございませんでした。掲示物については店舗より撤去いたしました。今後私たちは、同様の問題を二度と起こさぬよう、コンプライアンスを重視し、お客様の信頼回復に向け取り組んでまいりますことをお約束します」

 おやじ客が若い女性に絡む光景は、居酒屋でたまに見かける光景である。これに対する女性達の苦言を聞いた。

「赤ちょうちんとかで飲んでいると、おやじ達に話しかけられることがあります。こっちは女同士で楽しみたいだけなのに、無料コンパニオン扱いするな!と思います。女性と話したければ、ホステスがいる店に行って、お金を払って相手にしてもらったらいいと思います」(24歳・OL)

 こんな意見もある。

「飲み屋で隣の席のおやじに話しかけられて、相手してあげたのに、一杯も奢ってくれないと『はぁ?』と思います。せめて、奢ってくれるならまだしも、タダで話そうとする態度に腹が立ちます」(26歳・アルバイト)

 そんな中、都内の立ち飲み屋の店主からは、こんな苦言が。

「酔っ払って女性客に絡むお客さんはいます。女性客があからさまに迷惑そうにしているので注意したら、男性客に『せっかく盛り上がっているのによー』と逆ギレされたことがあります。店側として、お客さん同士で盛り上がってくれるのは嬉しいのですが、それを嫌がる人もいるし、静かに飲みたい常連客もいますしね。むやみに話しかけたり女性を引っかけたりする行為を禁止する貼り紙をしたら、落ち着きましたが」

 昨今、若い女性の間でも横丁や赤ちょうちんへ繰り出すのが流行っている。そんな女性客に配慮して、店側も適切な対処法を取るべきなのかもしれない。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴