スポーツ

巨人・ヤクルトは「狭すぎ」中日は「罰ゲーム並みの広さ」どうする球場格差の大問題

 今季から日本ハムファイターズの本拠地となった、エスコンフィールド北海道。可動式の屋根に加え球場内にサウナ風呂やホテル施設が入るなど、まさに新時代の球場と言えるが、札幌市から約20キロも離れていることや駐車料金の高さも影響してか、早くもガラガラ状態が指摘されている。

 もっとも、立地がよければそれでいいというわけではない。日本でもパワーヒッターが増える中、問題視されるべきなのは球場の広さの格差なのかもしれない。

 巨人のホームの東京ドームは、1988年にオープンした当初こそ日本初の全天候型球場としてもてはやされたが、35年が経った今となっては「両翼100メートル・中堅122メートル」は狭く、すっかり本塁打が出やすい球場として定着した。

 またヤクルトが本拠地とする神宮球場も、相当な問題を抱えている。「両翼97.5メートル、中堅120メートル」と東京ドームに輪をかけて狭い上に外野フェンスも低く、ホームから外野方向に向かって緩やかに下る「打ち下ろし」のため、打者が圧倒的に有利な球場となっている。

 スポーツライターが語る。

「本塁打が平均的な球場に比べて何倍出やすいかを示す『パークファクター(PF)』という指標があるのですが、22年は神宮球場が1.4倍と最も高く、次に19年の改装により左右中間が狭くなったソフトバンクの福岡PayPayドーム(1.31)、そして東京ドームの1.16と続く。一方、両リーグのホームを通じて断トツで平均を下回っているのが阪神の甲子園(0.66)と中日のバンテリンドーム(0.76)。ただし特に今季、本塁打数がリーグ最下位と長打力のない中日にとって、東京ドームより左右中間が6メートルも広いホーム球場は罰ゲームでしかありません」

 神宮球場は2030年代に建て替えられる予定。巨人のホームも東京ドームからの「築地新球場」移転が一部で報じられている。立地条件も大事だが、将来は広さで格差が生まれないような球場造りを考えるべきかもしれない。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった