芸能

芸能美女たちの“ピンク過去”を総力発掘!「ハプニング編」(1)上戸彩が記者会見でまさかの下ネタ

20140925l_2

 生放送や記者会見など清純派のアイドルが、つい思わぬ“本音”を漏らしてしまうことも‥‥。そんなハプニングの数々を以下──。

 07年に公開されたアニメ映画「ピアノの森」で、主人公を演じた上戸彩(28)は、劇中で禁断のセリフを連呼。

「アフレコの記者会見で感想を聞かれ、『何回もアソコのこと言えて超気持ちいい』と、ふだん下ネタ発言をしない彼女が笑顔で答えたので、記者たちが騒然となりました」(芸能記者)

 最近、すっかり色っぽくなった石原さとみ(27)の転機となったと言われるのが、故つかこうへい氏が演出していた「幕末純情伝」の舞台だった。

「舞台の内容も沖田総司が実は女だったという設定で、胸をもまれたり犯されそうになるなど、体当たり演技にチャレンジ。しかも厳しい演出で有名なつか氏から、『顔がエロイ』だと言葉責めされていたことを告白。それ以来、エッチな演技も平気になったとか」(カメラマン)

 ハプニングといえば、釈由美子(36)が無名時代に出演していた「A女E女」は、テレビ史上最も下品な番組として名高い。

「番組は催眠術師が出演し、その場にいるタレントに集団催眠。そこで、太鼓を叩くと、ドンドン感じてきて悶えまくるという番組でした。深夜のまだ規制が厳しくない時期だけに、集団でタレントの卵があおむけの体勢で身をよじりながら悶えまくり。その中でも、ひときわ大きなリアクションで話題となったのが釈でした」(テレビ関係者)

 釈が出ていたのは第1回目だけだが、ヒョウ柄のイケイケファッションに身を包み、パンチラも披露する気合いの入りようだった。

 ドラマ「ごちそうさん」ですっかり良妻賢母のイメージが強い(28)だが、20代前半までは、長身を生かしてパリコレモデルとして活躍していた。

「当時、彼女はルイ・ヴィトンなどハイブランドのモデルに抜擢されていました。シースルーの衣装やボディラインがくっきり出る服も着こなし、中には網状の生地で乳首までまる見えのものもあった。バストは小ぶりで、乳輪も小さくてまるでチェリーのようでしたね」(ファッション関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」