スポーツ

サッカー日本代表・鎌田大地「ACミラン移籍」が地獄の始まりになる名門クラブ「前代未聞のお家騒動」

 サッカー日本代表の「絶対的エース」と呼ばれるMF鎌田大地の移籍が、秒読み段階に入った。アイントラハト・フランクフルトとの契約が今季で満了し、6月14日の代表の練習後には、

「欧州チャンピオンズリーグ(CL)以上、4大リーグ以上でやれるのは間違いない」

 と、ビッグクラブ入りを明言。そこで浮上しているのが、リーグ優勝19回を誇るイタリアの名門、ACミランだ。

 今季はリーグ戦4位と苦戦したものの、CLは16年ぶりにベスト4へ進出。来季のさらなる飛躍のため、補強候補に鎌田がリストアップされていた。

 だがオフシーズンになって突如、名門クラブで「お家騒動」が勃発。鎌田の移籍に影響を及ぼしかねない事態となっていた。サッカーライターが明かす。

「サッカー界のレジェンドで、チームのテクニカルディレクターを務めていたパオロ・マルディーニ氏を、6月5日付けで電撃解任したのです。新プロジェクトや選手補強の面で経営陣と対立し、事実上の解任とみられています」

 その影響は早くもチーム内に出始めた。イタリアの「若き至宝」としてチームの中心選手でもある、MFサンドロ・トナーリが、プレミアリーグ・ニューカッスルに移籍間近だと報じられたのだ。

「イタリア人選手史上最高額の7000万ユーロ(約110億円)で合意に達したと言われていますが、本人は移籍を望んでおらず、チーム側から通達された時に泣き崩れたそうです。これまでマルディーニ氏は『非売品』として最大限の評価をしていたのに、解任された途端に移籍マーケットに放り出され、明らかにカネ目当ての売却に、サポーターの怒りが収まる気配はありません」(前出・サッカーライター)

 フロントと選手、サポーターとの間にまで亀裂が入り、鎌田の加入が決定したとしても、地獄のような状況に置かれるのだ。

「ACミランには2014年から2017年まで、元日本代表のMF本田圭佑が所属しています。エースナンバーの10番を選んだことで世界的に注目を浴びましたが、期待に応えるプレーができず、サポーターから痛烈なブーイングが浴びせられました。いまだ日本人選手に対するアレルギーが払拭されたわけではなく、決してウェルカムという状況ではありません。サポーターもメディアも鎌田に対し、毎試合、厳しい目で強烈なプレッシャーをかけてくるでしょう」(前出・サッカーライター)

 しばらくピッチ内外で神経を尖らせることになりそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】