芸能

テリー伊藤対談「山本寛斎」(1)「元気が出るテレビ」のタイトル秘話

20141009h

●ゲスト:山本寛斎(やまもと・かんさい) デザイナー、プロデューサー。1944年生まれ。71年、日本人として初めてイギリス・ロンドンにおいてファッションショーを開催。74年にパリ・コレクション、79年にニューヨーク・コレクションに参加。その精力的な活動は、ファッションの枠を越え、世界のさまざまな都市におけるスーパーイベントのプロデュースへとつながっていく。今年の10月11日(土)には、日本トルコ外交関係樹立90周年「HELLO ISTANBUL!!」をトルコ・イスタンブールにて開催。「世界」「自然」「宇宙」をテーマに、ファッションと音楽を通じて日本の美と文化、アジアと世界の友好を表現する。詳細は公式HP(http://www.kansai-inc.co.jp)にて。

 世界的ファッションデザイナー&プロデューサーの山本寛斎氏。10月にはトルコと日本をつなぐショーを予定し、70歳を迎えてなお自分と闘い続けている。そんな生き様に強い影響を受けたという天才テリーが、その力の秘密だけでなく、男がつらい時の向き合い方までじっくりと聞き出した!

テリー 僕は「元気が出るテレビ」というテレビ番組をやっていたでしょう。あの「元気」という言葉、実は寛斎さんからもらったんですよね。

寛斎 そうなんです。普通、テレビの業界というのは、断りがなく使用されることが多いんですよ。でも、テリーさんは丁寧に説明してくださったのでもちろんOKしました。その時から、テリーさんは普通のテレビ業界の人とは違うんだと思って、シンパシーを持つようになったんですね。

テリー いえいえ。あの当時、寛斎さんが「元気主義」というテーマを掲げて活動しておられたんですよ。それが僕の中ですごく印象が強くて、この「元気」という言葉を、日曜日の夜にこそ使いたいと思ったんです。そういう意味では、僕は寛斎さんに頭が上がらない。それから「山本寛斎の熱血語10カ条」。その中に「未来に前例などない。迷ったら新しいほうを選ぼう!」というのがありますよね。

寛斎 そうですね、はい。

テリー 僕の人生は「迷ったら人生笑えるほうに」なんです。僕はテレビ業界の人間だから、笑えるほうに。寛斎さんはファッションの世界の方だから、新しいほうに行くんだなと思っているんですけど。

寛斎 この言葉と反対の例がよくあるんですよ。イベント関係のことで、いろんな役所に対してお願いをすると「前例がないから」で拒否されることが多いんです。そんな時に「じゃあ未来って、前例があることなんですか?」ってよく聞くわけです。新しいことをしないと進化もないじゃないですか。それが絶対にいい方向だけかどうかはわかりませんけど。それでも、どんどん新しいことをやるのが大切だと思っています。

テリー 寛斎さんが出てきた時は、デザイナーの石津謙介さんに代表されるような、日本中がアイビールックの全盛期でしたよね。そんな中で、寛斎さんは特別な存在で、誰にも理解されないようなファッションでしたよね。

寛斎 四十数年前、なぜ私が日本ではなく、ロンドンからデビューしたかということにつながっていくんですよね。簡単に言うと、日本じゃモテなかったんですよ(笑)。

テリー すごすぎてね。

寛斎 すごすぎてか、変なのか。

テリー 周りの人間は、寛斎さんの世界を理解できなかったんですよ。それは確かだと思います。

寛斎 ロンドンに行ったら、もう逆なんですよね。自分のスタイルで、モテる国があるんだと。

テリー 山本寛斎を理解してくれる国っていうことですね。

寛斎 そうですね。だから、別に日本でやらなくてもいいなと。日本で少ししか売れなくても、理解してくれる国がいくつもあれば、それを掛け算すればいいと思ったんです。それでパリ、ニューヨークと入っていったんですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(下)結婚で明石家さんま芸能界引退!?
2
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(上)人気下落を生んだ過去の“大本命”
3
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(中)相手にもされなかった“大物俳優”
4
“若い時から”の声も… 工藤静香、「シワが増えるわ」の自虐発言に暴言の嵐
5
木村拓哉「東京フレンドパーク」出演でまた指摘された「成長しない」大欠点!