社会

健康と仏教の関係(4)乾燥の季節 肌のためにも整えたい体調と呼吸法

 自宅に加湿器がある人はおわかりだろう。9月下旬に入って、急激に空気が乾燥していることに。

 皮膚の水分は通常30%に保たれているといわれている。湿度が30%を切ると皮膚からは水分がどんどん蒸発していく。いわゆる乾燥肌になるというわけだ。しかし、人間の身体は肌を乾燥から守るために、つねに水分を補給している。この保水機能が正常に働いていれば、乾燥にも強い皮膚になるといえよう。

「美しさは内側が作る」という言葉があるが、こうした保水機能を維持するのは皮膚ではなく内蔵の働きである。つまり、健康でいることこそが、乾燥の季節でも「美肌」を保ち続ける秘訣ということもできよう。

 一方で、現代人は、そうした健康な内蔵の働きを大きく損なうストレスにさらされている。日々の食事や規則正しい生活の他に、ストレスとうまく付き合うことは「美肌」作りにも大切なことではないだろうか?

 芥川賞作家の玄侑宗久氏は、健康を維持しストレスを解消する方法として近著『「いのち」のままに』で「呼吸法」と「瞑想」をすすめている。

〈おなかまで入った息が背骨を伝わって上っていく、のどを越えて頭頂まで来たら今度は肩から両手のほうに動いていき……と、息の動きを追いかけて、意識を沿わせていくようにします。(中略)意識を動かすと、血液も(氣も)そこに集まってきます。漢方ではこれをまとめて「氣血」といいます。〉(「イメージ呼吸で体と心を調える」の項より)

 氣血を動かすには息を吐きながらやるのがより効果的で、血流が増して酸素交換が盛んになるという。簡単な方法だが、体も温まり、気持ちもすっとしてリラックスできる。

 乾燥が本格化する冬を前に、まずは自宅でできる、これらの方法で「美肌」の実現に努めたいものだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大食い王準優勝の「魔女菅原」が敗因を告白!マックス鈴木に負けた意外な理由
2
「テセウスの船」で見せた榮倉奈々の“ゾンビ”メイクが放送事故レベル?
3
許せない!?内田理央の「胸揉まれ艶ドラマ」に地方の視聴者が大激怒のワケ
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
松潤が学会員に!?井上真央の“意味深”インタビューにファンの「複雑胸中」