社会

健康と仏教の関係(4)乾燥の季節 肌のためにも整えたい体調と呼吸法

 自宅に加湿器がある人はおわかりだろう。9月下旬に入って、急激に空気が乾燥していることに。

 皮膚の水分は通常30%に保たれているといわれている。湿度が30%を切ると皮膚からは水分がどんどん蒸発していく。いわゆる乾燥肌になるというわけだ。しかし、人間の身体は肌を乾燥から守るために、つねに水分を補給している。この保水機能が正常に働いていれば、乾燥にも強い皮膚になるといえよう。

「美しさは内側が作る」という言葉があるが、こうした保水機能を維持するのは皮膚ではなく内蔵の働きである。つまり、健康でいることこそが、乾燥の季節でも「美肌」を保ち続ける秘訣ということもできよう。

 一方で、現代人は、そうした健康な内蔵の働きを大きく損なうストレスにさらされている。日々の食事や規則正しい生活の他に、ストレスとうまく付き合うことは「美肌」作りにも大切なことではないだろうか?

 芥川賞作家の玄侑宗久氏は、健康を維持しストレスを解消する方法として近著『「いのち」のままに』で「呼吸法」と「瞑想」をすすめている。

〈おなかまで入った息が背骨を伝わって上っていく、のどを越えて頭頂まで来たら今度は肩から両手のほうに動いていき……と、息の動きを追いかけて、意識を沿わせていくようにします。(中略)意識を動かすと、血液も(氣も)そこに集まってきます。漢方ではこれをまとめて「氣血」といいます。〉(「イメージ呼吸で体と心を調える」の項より)

 氣血を動かすには息を吐きながらやるのがより効果的で、血流が増して酸素交換が盛んになるという。簡単な方法だが、体も温まり、気持ちもすっとしてリラックスできる。

 乾燥が本格化する冬を前に、まずは自宅でできる、これらの方法で「美肌」の実現に努めたいものだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!