社会

【戦慄の報告書】日本三大怨霊「平将門の首塚」の賽銭ドロボーに警察が言い放った「命をも恐れぬ所業だ」

 東京・大手町に鎮座する、平安時代の武将・平将門の首を供養する石碑「将門塚」。その賽銭箱から現金4000円を盗んだとして、4月に無職の男が警視庁丸の内署に逮捕されている。

 男は両面テープを先端に付けた針金を箱に入れ、紙幣を貼り付けるという古典的な手口で犯行に及んだものの、近くのビルに設置された防犯カメラに犯行の一部始終が映っていた。そのため、警備員の通報で現行犯逮捕されることに。取調べに対し、男は「金に困ってやったが、(逮捕されたのは)将門のバチが当たったんだと思う」と、うなだれたという。

 確かにこの将門塚をめぐっては、この場所に庁舎を建てたようとした大蔵省の役人らが相次いで死亡したことで、いまだ怨霊伝説が根強いのは事実だ。オカルトライターが解説する。

「平将門は、太宰府で無念の死を遂げた菅原道真、さらに讃岐に流され亡くなった崇徳上皇とともに『日本三大怨霊』のひとつとして挙げられる怨霊。日本では古くから、その怨霊が荒ぶらないよう『御霊ごりょう信仰』として祀られ続けてきました。ところが大正時代に入り、関東大震災で大蔵省の省舎が崩壊。将門の首塚は庁舎の中庭にあったのですが、その場所も更地にし、その上に仮庁舎建設の計画が持ち上がったんです。しかし工事が進む中、時の大蔵大臣・早速整爾が謎の急死。さらには大蔵官僚や工事関係者ら14人も続々と不審な死を遂げたことで『将門の首塚を荒らした祟り』との噂が広がった。結局、仮庁舎は取り壊され、首塚は元どおりに復元され、再び祀られたという逸話が残されています」

 それから20年が経過。敗戦を受けて、今度はGHQによる関連施設工事が始まり、再び首塚は撤去されることになった。すると重機が横転して、運転手が死亡。またもや将門の怨霊説が流れ、GHQの計画は白紙に戻ってしまったというのである。

「将門は乱を起こすものの、敵の矢が頭部を貫通し、あえなく戦死。その首は京都で晒されたといいます。ところが3日目に突然、将門の目がカッと見開き、白い光を放って東の方向へと飛び去ると、落ちたのが現在の場所だったとされます。目撃した人々は恐れおののき、ここに塚を建てて祀ったのが、この将門塚の由来だといわれています」(前出・オカルトライター)

 今回逮捕された男は、そこに置かれた賽銭箱を狙った不届き者というわけだが、警察関係者も、

「よりによって将門塚を狙うとは、罰当たりというより、命をも恐れぬ所業としか言いようがない」

 と呆れているという。

 逮捕された男の身に今後、「何か」が起こることはあるのか──。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え