スポーツ

大谷翔平「本塁打王タイトル」一直線で敏腕代理人が脅しをかける「ナ・リーグ移籍拒否」トレード闘争

 エンゼルス・大谷翔平の日本人初のメジャー本塁打王獲得に向けて、敏腕代理人ネズ・バレロ氏がナショナル・リーグの各球団に脅しをかけていると、ウワサになっている。

 所属チームの低迷に反比例し、本塁打王に向けて驀進する大谷の周囲は日に日にきな臭さを増しつつある。日本時間8月2日に迫ったトレード期間終了を前に、移籍情報が米球界を駆け巡っているからだ。メジャーリーグの取材に携わるスポーツライターが現状を説明する。

「ポストシーズン進出に十分望みのあるチームは、大谷を欲しくてたまらない。ドジャースやヤンキースなどは、残りわずかになった期間で攻勢を強めるつもりです」

 7月20日終了時点で、大谷の本塁打数は35。2位以下に大差をつけており、故障などの大きなアクシデントに見舞われない限り、アメリカン・リーグの本塁打王と二度目のMVP獲得は、ほぼ確実だろう。

 だが実際は、大きな壁にぶつかる可能性がある。もし大谷が今シーズン途中でドジャースやメッツなどのナ・リーグに移籍すれば、個人成績はその時点でストップ。ナ・リーグで一から数字を積み上げなくてはいけないからだ。両リーグで合算した成績は参考記録として残るものの、現実的には無冠で終わる可能性が高い。となれば、日本人初の本塁打王は夢で終わってしまう。

 個人成績よりチームの勝利を優先する二刀流だが、さすがに本塁打王のタイトルは欲しいだろう。チーム事情でトレードされるにしても、同じアメリカン・リーグ球団に行きたい…それが本音だ。

 そこで暗躍し始めているのが、代理人のバレロ氏なのである。

「どうもナ・リーグのチーム関係者には、シーズン中のトレード話をエンゼルスに持ち込まないようチラつかせているようです。仮にトレードが成立しても、そのチームとはFA残留交渉には応じない、と。トレードで若手を何人も差し出した上、オフに再契約できないのは、リスクがありすぎます。当然、腰は引けるでしょうね」(前出・スポーツライター)。

 バレロ氏にとっても、大谷のタイトル獲得は契約金アップの材料になり、自らの手数料にも直結する。暗躍ぶりに拍車がかかろうというものだ。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え