スポーツ

日本ハム・稲葉篤紀 現役生活20年の「深イイ話」を固め打ち!(2)宮本との“同期愛”秘話

20141023s

 ヤクルト時代の稲葉を語るうえで欠かせないのが、同期入団で現野球評論家の宮本慎也氏の存在である。2人はキャンプ前の1月にゴルフをやり、毎年テーマを決めて「今年はどっちが成績が上か」を賭けることで競っていたという。

「打者としてのタイプが違うので、単純に数字だけで優劣を決めるわけではなかったようです。そういえば、新人だった95年にいきなりリーグ優勝しましたが、日本シリーズ初戦前に稲葉が発熱して倒れた。宿舎のホテルで寝ているのを宮本が一晩中、額に冷たいタオルを当てて看病していました」(遊軍記者)

 実にうるわしい同期愛である。ちなみに稲葉は12年4月28日に、宮本氏は5月4日と、ほぼ同時期に2000安打を達成。「同じ日に達成しようか」と話し合っていたそうだが、わずか数日の「誤差」が出た。しかし、どちらも1976試合目での到達という数字こそが、2人の不思議な“縁”と言うべきだろう。

 稲葉は先に引退した宮本氏に引き際についても相談。「お互い、ダラダラと現役を続けるのはやめよう」と話し合っていたが、打撃コーチを兼任した昨年、大不振に陥り、膝の痛みもあって、潮時を悟ったという。プロ2年目からレギュラーに定着し、着々と数字を積み重ねていったが、かなわなかったことが一つある。

「実は『100人乗っても大丈夫』のキャッチフレーズで有名になった『イナバ物置』のテレビCM出演を熱望していた。ことあるごとに報道陣や関係者に『出たい』と猛アピールすることで、そのうちイナバ物置の担当者の耳に入るのでは、と思ったようです。残念ながら、出演オファーは来ませんでしたが」(スポーツ紙デスク)

 プライベートでは02年に痛恨の「エラー」をしたことも。当時の夫人と離婚調停の裁判中に、「スカパー!」などで野球中継を担当していたフリーのレポーター女性と密会しているところを写真週刊誌にキャッチされ、「夫婦同然の半同棲」と報じられた。球団関係者が苦笑しながら言う。

「この不倫騒動の際も、ヤクルトの選手たちからは『エロ爽やか』という好意的なアダ名で呼ばれたくらいです。今でいう、俳優の沢村一樹のような、嫌みのないエロという意味です」

 これもまた人徳なのか。

 ヤクルトで10年間プレー後、05年にFAで日本ハムへ。移籍3年目の07年には最多安打と首位打者のタイトルを取っている。

「真面目すぎる性格で悩むこともあった稲葉が日ハムで新庄剛志氏(42)と出会い、大きく変わった。細かいことを気にしない豪快さやファンサービスのしかたを参考にしたんです。ヤクルト時代には本塁打でガッツポーズするような選手ではなかったのに、ファンに手を振って応えるなど、パフォーマンスに気を配るようにもなった」(遊軍記者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」