スポーツ

日本ハム・稲葉篤紀 現役生活20年の「深イイ話」を固め打ち!(2)宮本との“同期愛”秘話

20141023s

 ヤクルト時代の稲葉を語るうえで欠かせないのが、同期入団で現野球評論家の宮本慎也氏の存在である。2人はキャンプ前の1月にゴルフをやり、毎年テーマを決めて「今年はどっちが成績が上か」を賭けることで競っていたという。

「打者としてのタイプが違うので、単純に数字だけで優劣を決めるわけではなかったようです。そういえば、新人だった95年にいきなりリーグ優勝しましたが、日本シリーズ初戦前に稲葉が発熱して倒れた。宿舎のホテルで寝ているのを宮本が一晩中、額に冷たいタオルを当てて看病していました」(遊軍記者)

 実にうるわしい同期愛である。ちなみに稲葉は12年4月28日に、宮本氏は5月4日と、ほぼ同時期に2000安打を達成。「同じ日に達成しようか」と話し合っていたそうだが、わずか数日の「誤差」が出た。しかし、どちらも1976試合目での到達という数字こそが、2人の不思議な“縁”と言うべきだろう。

 稲葉は先に引退した宮本氏に引き際についても相談。「お互い、ダラダラと現役を続けるのはやめよう」と話し合っていたが、打撃コーチを兼任した昨年、大不振に陥り、膝の痛みもあって、潮時を悟ったという。プロ2年目からレギュラーに定着し、着々と数字を積み重ねていったが、かなわなかったことが一つある。

「実は『100人乗っても大丈夫』のキャッチフレーズで有名になった『イナバ物置』のテレビCM出演を熱望していた。ことあるごとに報道陣や関係者に『出たい』と猛アピールすることで、そのうちイナバ物置の担当者の耳に入るのでは、と思ったようです。残念ながら、出演オファーは来ませんでしたが」(スポーツ紙デスク)

 プライベートでは02年に痛恨の「エラー」をしたことも。当時の夫人と離婚調停の裁判中に、「スカパー!」などで野球中継を担当していたフリーのレポーター女性と密会しているところを写真週刊誌にキャッチされ、「夫婦同然の半同棲」と報じられた。球団関係者が苦笑しながら言う。

「この不倫騒動の際も、ヤクルトの選手たちからは『エロ爽やか』という好意的なアダ名で呼ばれたくらいです。今でいう、俳優の沢村一樹のような、嫌みのないエロという意味です」

 これもまた人徳なのか。

 ヤクルトで10年間プレー後、05年にFAで日本ハムへ。移籍3年目の07年には最多安打と首位打者のタイトルを取っている。

「真面目すぎる性格で悩むこともあった稲葉が日ハムで新庄剛志氏(42)と出会い、大きく変わった。細かいことを気にしない豪快さやファンサービスのしかたを参考にしたんです。ヤクルト時代には本塁打でガッツポーズするような選手ではなかったのに、ファンに手を振って応えるなど、パフォーマンスに気を配るようにもなった」(遊軍記者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
ファン困惑!竹内結子“夜の営み”を妄想させた5カ月ぶりのインスタ投稿