社会

登山でもし遭難したら…絶対やってはいけないNG行動

 夏の登山シーズンに入り、全国で山岳遭難が増えている。新型コロナウイルスの感染拡大もあり一時は減少傾向にあったものの、2022年の遭難発生件数は3015件、遭難者総数は3506人で、いずれも統計をとり始めた1961年以降で最高を記録。死亡・行方不明者数は327人で、前年から44人、15.5%も増加している。

 遭難の理由は様々だが、規制解除で登山を再開させ人が増えたことに加え、コロナの影響で体力が低下し、滑落や転倒するケースが急増しているという。また登山者の年齢が高齢化していることも指摘されている。

 では、もし山で遭難や道迷いに遭ったとき、あなただったらどうするだろうか。場所によっては携帯電話の電波も入らず周囲に人の気配が一切ない場合、とにかく下山しようと必死になってしまうのではないだろうか。

 登山ジャーナリストが語る。

「最近の登山ブームで多くの人が山を訪れていますが、遭難時に冷静な行動をとれる人はまだまだ少ないと思います。大きな間違いのひとつは、沢伝いに山を下ろうとすること。水の流れに沿って下ればいずれ下山できると考えがちですが、沢には途中、急な崖や滝などがあり、無理して下ると転倒して骨折するリスクが高まります。また、急な大雨で鉄砲水が発生することもあるので絶対にNG。道を見失った場合は、無理に下ろうとするのではなく、頂上に向かうのが正解です」

 疲労しているときに再び頂上を目指すのは気力を要するが、登れば登るほど登山道は集約されて、いずれは頂上でひとつになる。その間に正規ルートを発見できれば、あらためて、そこから安心して下山できるのだ。

 また、骨折などをしてしまったら、無理に動かずに体力を温存させ、救助を待つのが鉄則。そのためにも登山する前は必ず「入山届」を出すことが大切だ。

 これから秋の紅葉に向けて登山者が増えてくる。くれぐれも無理をせずに、自分の体力にあった山を選び、山歩きを楽しみたい。

(ケン高田)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ