スポーツ

急失速!DeNA・三浦大輔監督は阪神・岡田監督のような非情采配ができないので…

 時すでに遅しか――。阪神に3連敗し自力Vが消滅したDeNA・三浦大輔監督に、チーム内外から批判の声が噴出している。スポーツ紙ベテラン遊軍記者は次のように話す。

「一時は首位を走る阪神を捕らえたのに、後半戦に入って失速している。このままではBクラスでシーズンを終える可能性も出てきました。今、各マスコミの担当記者も『今、セ・リーグでいちばん弱い』と話していますね」

 戦力的には首位を走る阪神、あるいは広島に比べ、決して劣ってはいない。打線では宮崎敏郎が首位打者争いを演じており、4番の牧秀悟もすでに60打点を超えて、巨人・岡本和真と打点王争いを演じるなど、本来の勝負強さを発揮している。投手陣はエース・今永昇太やトレバー・バウアーが順調に勝ち星を積み重ねている。

 一番の問題は守護神・山崎康晃の不調だろう。これまで20セーブを挙げているが、6敗(2勝)もしている。防御率は4点台。昨年37セーブ、防御率1.33だったことを考えれば、目を覆わんばかりの惨状である。結果、守護神失格となり、中継ぎに回ることになった。

 この要因のひとつが、三浦監督の過剰な気の使いようだ。スポーツ紙デスクが言う。

「そもそもここ数年の山崎の成績を考えれば、昨年はできすぎです。今シーズン、開幕から救援失敗が続いた時点で、早めに手を打つべきだった。広島の新井貴浩監督が栗林良吏の不振を確信した時点で2軍に落とし、再調整させたのとは雲泥の差です。三浦監督は山崎のプライドを考えたのでしょうが、ダメなものはダメ。結局、その優しさがアダになりました」

 これまでの戦いぶりについて、球団OBからも手厳しい声が上がっている。

「大輔は選手の兄貴分として面倒見がいいが、もっと非情になる必要がある」

 8月6日の阪神戦(横浜)では、7回に3連戦不振の佐野恵太に代えて楠本泰史を打席に立たせるという采配を見せたものの、得点には結びつかなかった。

「三浦監督は勝利を優先して、もっとシーズンの早い段階から、阪神・岡田彰布監督や巨人・原辰徳監督のような、非情ともいえる采配をするべきでした。この期に及んではもう…ですね」(前出・ベテラン遊軍記者)

 このまま後退を続ければ、生え抜きスター監督の去就問題も出かねない状況だ。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白