スポーツ

藤浪晋太郎がリリーフ転向成功の裏で捨てた「ストライクを取れる球種」

 オリオールズの藤浪晋太郎投手は8月6日(日本時間7日)のメッツ戦で、2点リードの8回に4番手で登板。自己最速の102.6マイル(約165キロ)をマークするなど1回を2奪三振。9球すべてストライクで3者凡退に抑え込んで今季4度目のホールドをマークした。

 2日のブルージェイズ戦では、四球、2者連続押し出し死球と大乱調。しかし4日のメッツ戦で9回から4番手で登板した際は、1回1安打無失点で試合を締めている。前回登板に続き好投を見せた藤浪。ときおり制球を乱す傾向が出てしまうものの、着実に結果を残しているといえるだろう。

 そんな藤浪の復活ぶりについて、阪神OBの掛布雅之氏は4日に更新した自身のYouTubeチャンネルで語っていた。

 掛布氏は藤浪が日本にいた時期「スライダーを少し減らしたらどうだ?」とアドバイスしたことがあるといい、その理由について、

「藤浪が一番ストライクを取れる球種がスライダー。スライダーを投げようとするとピッチャーいわく『肘が下がる』と言うんだよね。肘が下がると真っ直ぐが叩けなくなる。それで球が抜ける」

 と独特の表現で説明。阪神の臨時コーチをやったときの山本昌氏も藤浪に対しスライダーの数を減らして真っ直ぐとカットボールとフォークボールで勝負したほうがいいと助言していたという。

 掛布氏はさらに、藤浪はメジャーでは先発では良い結果が出なかったが、現在はリリーフの短いイニングのためスライダーを使わなくていい状況。それだけに球種を減らしたことが今の成功につながっているとして、

「日本の野球はすごく繊細にピッチングを組み立てていく。藤浪は繊細に組み立てる頭は持っている。その繊細な部分が藤浪のピッチングを邪魔していた。完璧を求めすぎた。メジャーでハンドルの遊びじゃないけど、繊細な頭の野球をちょっと捨てることができたんじゃないかな」

 と話していた。

 藤浪のさらなるオリオールズでの活躍に期待したい。

 (鈴木十朗)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)