社会

夜のススキノから悪質な客引きが姿を消した?

20141030aa

 北海道・ススキノ(札幌市中央区)といえば、風俗店や飲食店のきらびやかなネオンがともる一方、繁華街のいたるところに悪質な客引きが跋扈。「ぼったくりの街」としても有名だった。ところが、その客引きの数が激減しているというのだ

「悪質な客引きが観光客を狙い撃ちしていたのは、昨年までの話。今は女性でも安心して歩けるし、男性客からぼったくりの被害を聞くことがなくなりました」

 そう語るのは、ススキノ近辺を流しているタクシー運転手だ。北海道随一の繁華街としてグルメにフーゾクと事欠かないススキノだったが、その一方で酔客や観光客を狙い撃ちにした悪質な客引き行為をするポン引きや、黒いスーツを着て女性を風俗店などに紹介する「カラス族」と呼ばれるスカウトマンたちが街で目立つようになっていたのも記憶に新しい。

 そこで、札幌市では迷惑をかける風俗営業などの勧誘行為への対策を講じるため、05年12月から通称「ススキノ条例」を施行。翌年にはカラス族の姿は街から消え、客引きは約80%も減少した。だが、それも一時的な現象にすぎなかった。地元紙記者が振り返る。

「特に東日本大震災で客足がガタ落ちすると、紹介先の店から手数料をもらっていた客引きだけではなく、売り上げを伸ばすために、従業員を街角に立たせる店が増えてきました。捕まっても罰金だけだし、店によっては肩代わりして支払ってくれるケースもあり、客引きにとって条例の意味がなくなったのです」

 だが、そうした事態が一変したのは、12年に入ってからのこと。20年の東京五輪の招致運動が本格化する中、札幌も26年の札幌五輪に名乗りを上げたことで、行政と警察が、ススキノの浄化作戦を本格化させ、状況が激変したというのだ。

「上田文雄札幌市長が定例会見で、26年の冬季五輪大会招致に強い意欲を見せています。五輪開催の経済効果は道内だけでも7737億円。札幌が成長するための起爆剤として考えており、招致するためには、まずススキノの治安改善に動きだしたのです」(前出・地元紙記者)

 今年3月には、性風俗店と客引きの関係を絶つために、札幌中央署は性風俗店やキャバクラ(ススキノではお触り可能なセクキャバのことを指す)など、店側の取締りを実施。客引きを利用しないという「誓約書」の提出を要請しているという。ススキノのキャバクラで働く従業員はこう語る。

「2年くらい前なら、過激サービスを提供しているキャバクラ店があっても、ほとんどの場合は、まず警察から注意を受けるだけだった。最近では、過激な内容がネット掲示板に書かれたりして話題になると、すぐに警察が動いて摘発されてしまいます」

 実際に10月初旬の週末、ススキノを歩いてみると、多くの人が行き交う交差点付近に複数の客引きらしき男性が立っていたが、声をかけてくるのはわずか1人のみ。かつて、観光客の両肩に腕をかけ複数のポン引きが上着の袖を引っ張り合った光景は、今や過去のモノとなっているのだ。ススキノの風俗情報を取り扱う「無料案内所」で働く男性もこう話す。

「紹介できるのはニュークラブとキャバクラまで。風俗に行きたいなら、店のパソコンで勝手に調べて行ってください。警察の目が厳しくてその手の店を紹介できない決まりなのです」

 本格的な観光シーズンである冬を迎えようとしている札幌。観光客や出張サラリーマンにとっては、わずらわしい悪質な客引きに惑わされず、好みの店を見つけることができそうだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道