芸能

林修センセイが地上波テレビで言えなかった「女児は中学受験すべき」おぞましすぎる「本当の理由」

「女児は中学から私立に行っておいた方がいい」

 予備校講師でタレントの林修がそう回答したのは、9月5日の「ぽかぽか」(フジテレビ系)に生出演した際の、中学受験に関する相談に対してだった。

 スタジオ観覧席に来ていたお笑いコンビ「デンジャラス」のノッチとその妻・友美さんが「小学校4年になる次女が中学受験に興味を示さない」と悩みを明かす。そこで林センセイは、

「今の東京の状況を考えると、女の子はできたらやっぱり、中学から私立に行っておいた方がいい可能性が高いんですよね。男の子は高校からでもなんとかなるんですけど、高校からの募集をやめちゃった私立(中高一貫校)が非常に多くて。中学で入っとかないと(私立高校受験は)男の子より女の子の方が厳しい」

 そう言い切ったのである。

 職場や飲み会の場でも、中学受験は宗教やお金の話題と並んで、タブーとされる世間話だ。

「お嬢様でもないのに私立から中学なんて」「公立高校に行けない頭の悪い子供が悪い」と言い出す人がいて、その場が荒れる。

 中学受験に無理解な発言をするのは子供や孫のいない人、東京の教育事情を知らない人が多い。まるでわかっていないのだ。子供や孫の進路に真剣に悩んでいる人との禍根を残す。

 あの林センセイでも、地上波テレビでは言えなかったことがある。

「中学でイジメや教師のパワハラ、体罰を機に、短期間でも登校拒否になった生徒に、公立中学校は内申書を書いてくれない。そのため都立高校への進学は事実上、不可能になる」

 フランスでは学校で集団イジメに遭った子供が自殺したのを機に、イジメ加害者を転校させる法改正をした。ドイツではもともと、加害者を強制的に転校させている。

 ところが日本の公立中学校には今でも「イジメ加害者が外国籍だった場合、在日外国人の人権を尊重する」悪しき不文律が存在する。これは筆者も実際に体験しており、子供の通学先でイジメが起きた時に、当時の校長は保護者の前で、被害者の人権よりも「在日外国人の人権を優先」「加害者の人権を尊重」を強調していた。

 公立中学の校長も都立高校も、集団イジメに手を染める加害者はウェルカム、イジメ被害者の入学機会は奪う。常識で考えれば当然、逆であるべきだろう。

 林センセイのアドバイスに、筆者が説明を加えてみると、こうなる。

「見た目が可愛い女子生徒、有名人の子供など、目立つ女子生徒ほど公立中学校でイジメ対象になりやすい。イジメ被害者に対し、公立中学校は何の救済もせず、内申書も書かないので、都立高校への進学は絶たれる。私立女子校の高校受験機会もない。思春期を迎えた女子生徒が公立中学校で躓いてしまうと、高校進学は絶望的。だから女子生徒は中学受験すべき。芸能人のお嬢さんなら、なおさらだ」

 福島第一原発の処理水をめぐる中国からの嫌がらせ電話に「反論音声」を流し、毅然とした対応をしている東京都と小池百合子都知事。次はフランスとドイツにならって「イジメを罰則化する条例」を作ってほしいものだ。

(那須優子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え