社会

糖尿病を自力で克服する「組み合わせ」療法(2)食前野菜で糖をコントロール

 食前野菜がもたらす効果はこれだけではない。

 現在、500人の糖尿病患者を1人で診ている吉田氏が続ける。

「生野菜なら大きなお皿で山盛りに食べると、おなかがいっぱいになった感覚を脳が得られます。野菜で満腹中枢を先に満たせば、主食の米を自然と減らせるようになります」

 一般の食生活で「糖」の成分となるのは主食である米やパンといった炭水化物である。食前に野菜を摂ることは、痩せる手助けだけではない。糖尿病に重要な「糖」のコントロールにも効果があるというのだ。

「根菜や白菜、小松菜などを煮て食べるのもよいでしょう。野菜を食べずに一口目に御飯を食べると、30分もしないうちに血糖値が急に上昇します。しかし、野菜を直前に食べることで、腸の粘膜に食物繊維がくっつき、次に食べた米などの主食の吸収速度が遅くなります。いきなり炭水化物を摂った場合の3分の1ぐらいの速度で吸収されるのです」(吉田氏)

 野菜から摂り始める食事は、体重を減らし維持するだけではなく、多くのメリットをもたらすのだ。糖尿病の克服は「炭水化物との戦い」であると言えよう。

「ただし、炭水化物(ブドウ糖)をまったく摂らないのもよくない。ブドウ糖は脳の栄養源であるため、炭水化物を摂らないと認知症になる年齢が早くなるし、記憶力も落ちるので、必要量は食べないといけない。その限界量が、今食べている量の3分の1を目安にするといいということです」(志賀氏)

 糖尿病対策の根幹は食事療法であることは間違いないが、忘れてはいけないのはタンパク質の摂取である。カロリー消費量の多い筋肉が落ちると、痩せにくい体になってしまうからだ。タンパク質は筋肉を作る重要な栄養素。その筋肉を維持するには運動も重要である。

「散歩を選ぶ人が多いのですが、歩行はゆっくりでは意味がないのです。1分間速く歩いたら1分間ゆっくり歩くと、カロリーがものすごく消費される。これを1日1~2時間続けると、糖尿病が劇的に改善し、余病もなくなります」(志賀氏)

 こうした自力克服法の他に、過食に陥る原因となるストレスへの対策もカギになる。

「1人でできる解消法として、歌うことをお勧めしています。カラオケなどは最適でしょう。できれば元気が出るものがいい。歌詞もメロディも明るいものを選んだほうがいいと思います」(吉田氏)

 食事・運動・カラオケの組み合わせ療法で、糖尿病1000万人時代を乗り切ろうではないか。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
4
叶姉妹が男性のシンボル型アクセを公開!ニギニギショットが艶すぎるッ
5
浜崎あゆみ、すっかり「インスタ芸人」状態に「コンサートだけに絞れば?」の声