芸能

育ての親に反旗を翻した「渡鬼女優」の引退騒動と同棲男の大暴言/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 かねてからテレビ関係者の間で「嫁いびりをする小姑役を演じさせたら日本で5本の指に入る名優」として高い評価を得ていたのが、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)に出演していた沢田雅美だ。

 ところが1995年4月、そんな沢田をめぐって「芸能界から追放」「女優引退」「行方不明」等々、なんとも物騒なタイトルの記事が、新聞や雑誌で一斉に報じられることになったのだ。

 発端は同年1月16日深夜、沢田が育ての親でもあり、「渡鬼」プロデューサーでもある石井ふく子氏への電話だった。3月の明治座、5月と6月の芸術座、9月の名鉄ホールでの舞台降板を申し入れ、その際に「女優を辞めてもいい」と発言。さらに途中で電話を代わった同棲相手の俳優(現在の夫)が酒に酔った勢いで、大暴言を吐いたというのだ。それが、

「おい、テメエ、大プロデューサーさんよ~ッ! 雅美は俺の女だから、仕事ができなくなっても俺が食わせるからいいんだッ」

 というものだったらしい。

 石井氏は山岡久乃をはじめ、池内淳子、長山藍子、泉ピン子ら女優軍団を率いる石井ファミリーのドン。しかも14歳でデビューした沢田は、彼女を母親のように慕ってきただけに、たちまち大騒動に発展することに。

 これを受けて4月18日、東京・飯田橋のホテルで記者会見に臨んだ沢田は、

「実はいろいろなところから『石井先生が2人を別れさせようとして、彼の仕事を干している。別れないなら、雅美も切ると言っている』という噂を耳にしまして。先生がそんなふうに思っているのなら、石井先生の仕事はこちらからお断りしようと考え、電話して降板を伝えました。先生からは『そんなことしたら女優としてダメになっちゃうよ』と言われたのですが、『それならそれで仕方ありません』と申し上げました。彼に電話を代わりましたが、彼はお酒を飲んでいて、会話の内容までは聞いていないのでわかりません」

 2月11日に石井氏と面談したという沢田だったが、

「ひとつひとつ石井先生にうかがったところ、それが心ない噂であることがわかりました。私がバカでした」

 石井氏に深く謝罪したというのだが、これに黙っていなかったのが、石井ファミリーの面々である。

「相手の男性の顔が見たいですよ」(森光子)

「どうしたの、何があったの、と言いたいですね」(赤木春恵)

 脚本家の橋田寿賀子氏にいたってはひと言、

「そういうバカな男に惚れてついていくんだったら、地獄までついて行けばいいでしょうね」

 結局、沢田は3月をもって「渡鬼」を降板。その後11年間、石井ファミリー作品に出演することはなかったが、2005年3月に突如として「渡鬼」の第7シーズン最終回に登場する。以後、第8シリーズからはレギュラーとして返り咲くことになった。はたして11年の間に何があったのか。実に興味深いところである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」