芸能

相武紗季、評価上々の「いびり芸」は実は本性!?

20141119aibu

 放送開始から6週連続で平均視聴率20%以上を達成し、絶好調を維持しているNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」。

 同ドラマで好視聴率キープの立役者として評価されているのが、相武紗季(29)である。

 洋酒メーカーの社長令嬢である優子を演じ、これでもかとばかりに主人公のエリーをいびり抜く彼女の演技が「ハマり役」と大好評。テレビ誌でも、番組序盤でエリーをいびり倒していた泉ピン子(67)との比較記事が掲載されるまでになった。

 女優として一皮むけたように思われる相武だが、本人としては複雑な気持ちのようだ。

「先日、相武は渋谷の商業施設で行われたクリスマスツリー点灯式に出席したのですが、囲み取材の際に『毎回、ああいう役どころだとつらい』と本音をこぼしていました。実際、彼女はこのところ『キツい役』のオファーばかり来ることをあまり快く思っていないようです」

 と語るのは、テレビ関係者である。

「昨年、相武は嫁と姑の対決を描いたドラマ『おトメさん』(テレビ朝日系)で黒木瞳と衝突する嫁役を演じました。さらに同年の『ミス・パイロット』(フジテレビ系)でも、相武はヒロインの堀北真希にキツく当たる役柄。デビュー当時、純情なヒロイン役ばかりだった彼女にしてみれば、『いびり路線』への変更はこたえるものがあるでしょう」

 来年には30歳を迎える相武。演技とはいえ“求められる”ものがあるならば、女優冥利に尽きるのではあるまいか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
4
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
5
吉岡里帆、ベストドレッサー賞受賞で爆裂バストより目立った「妖艶部位」!