スポーツ

【サッカー日本代表】厚い選手層を絶賛した城彰二が大胆提言「W杯2次予選は欧州組不要」

 2-0でチュニジアに勝利したサッカー日本代表。その試合を元日本代表の城彰二氏が自身のYouTubeチャンネルで解説し「森保ジャパンは底上げができている」と絶賛した。

 前半、チュニジアが守備的でボールをつながせない守り方をしてきたため、スペースがうまく使えずいい形が作れていなかったと指摘したが、後半は狙い通りの試合運びができたという。それがよく現れていたのが、2点目を奪った場面。城氏は、

「クロスに対してボックスの中に最低3人は入るという戦い方を目指してきたが、それが出ている。守田と上田がニアサイドで相手ディフェンダーを釣って、伊東純也がゴール。狙いどおり」

 と戦い方を絶賛した。

 ようやくゴールを決めたFWの古橋亨梧については、

「ワンチャンスを逃さなかった。ナイスゴール。古橋はなかなか結果を出せず、今回がラストチャンスという見方もあった。チュニジアは5バックでスペースを与えない守備をしている中で、ワンチャンスを逃さずものにしたのは高く評価したい」

 と話した。しかし、

「古橋と上田綺世はスタイルが違うのでどちらがいいのか。日本に合っているのは上田。体を使いながらボールをキープできる。久保とのコンビネーションやタイミングがいい」

 と後半から出場した上田が上と評価した。

 チュニジア戦はカナダ戦からスタメンを7人変更し、試合中に6人を交代。多くの選手がピッチに立った。それでも勝利を収めたことを城氏は、

「誰が出てもバランスが崩れないのが日本の強さ。苦しい戦いでも最終的に勝ちきれる。森保ジャパンの底上げができた。チーム力が2段ぐらい上がった」

 と高く評価。また11月にはW杯アジア2次予選が始まるが、欧州組を毎回呼ぶ必要はないと大胆提案。

「スペインリーグで経験したが、日本に帰ってくるとチームを離れないといけない。時差もある。コンディションを崩して試合に出られなくなるということもあるので」

 と選手を気遣った。久保建英が帰国時「きつさがあるのも事実」とコンディションについて不満を漏らしたこともあり、城氏の提言が実現する可能性も十分ありそうだ。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道