芸能

【なにわ男子】メンバーより「クセが強い」家族の応援バックアップ

 フレッシュジャニーズの中で抜きん出て笑いに厳しいのは、メンバー全員が関西出身のなにわ男子。性加害問題で逆風の中、なにわ男子は日本テレビの夏の風物詩である「24時間テレビ」のメインパーソナリティーを立派に務めあげ、常に全力投球な姿勢で好感度を高めた。

 関西人らしく、ボケとツッコミの役割がしっかりできているのもグループの大きな特徴。最年長で27歳の藤原丈一郎は、小学生から関西ジャニーズJr.として活動していてキャリアが長いため、細かいところにも目が行き届く。必然的にツッコミ体質となったが、それは姉譲りだ。

 今年のアリーナツアーで地元・大阪城ホールで行われた際、姉から「盛り上がるときは全体を意識して」と忠告された。弟はおとなしく「はい」と従うしかなかったという。藤原の姉だけでなくなにわ男子の家族は個性の強い人物が多い。

 藤原は1万人以上収容する大阪城ホールで、西畑大吾の祖父と祖母が観客席で応援していたのを発見している。通常、家族が来ることを事前にメンバーに告げない。言うと藤原がMCでイジり倒すことが目に見えているため、いつしか黙っているようになった。この日も西畑は誰にも言っていなかったが、藤原は「あの手作りうちわ、大吾のおじいちゃん、おばあちゃんやんな?」と気づいたという。

「大吾の祖父と祖母は周囲の女子中学生たちと違って、手作りうちわに描かれていた『天』『最』『高』の文字がとにかく達筆(笑)。目立っていたところを藤原は見逃さなかったのです」(アイドル誌記者)

 リーダーの大橋和也は、その大阪城公演に母と父と祖母が来た。終演後は「感動した」「めっちゃよかったよ」「楽しかった」といったエールのメールが連投された。母からだけで実に20件。うちスタンプが11個で、キスやハートマークなどすべてが違った。息子は母の強すぎる愛情に対して、丁寧に返信したという。

 そんなクセの強い家族がいたからこそ、お笑い力の強いなにわ男子が誕生したのかもしれない。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」