スポーツ

スポーツ日本代表「ホントの実力」を鬼ジャッジ!〈フィギュア〉羽生不在でも4人がトップ10入りの多士済々

 フィギュアスケートと言えば、冬季五輪の華。わが国でも、ソチ、平昌と2大会連続で金メダルを取った〝世界の〟羽生結弦、「トリプルアクセルの女王」浅田真央などのスーパースターを生んだ。しかし、その羽生・浅田も引退した現在、世界での立ち位置はどうなっているのか。

 まずは男子フィギュアの現状、羽生抜きでもトップを狙える状況にあるのか?ベテランスポーツジャーナリスト・折山淑美氏はこう説明する。

「男子に関して言えばメダル争いはかなり有力。世界のトップレベルと言ってもいい。現在世界ランキング1位の宇野昌磨(25)は健在。また、鍵山優真(20)は現在ランキングこそ19位だが、これはケガでの長期離脱が影響しているためで今後の状態とはまた別の話。この2人が世界のトップレベルにあることに変わりはありません」

 鍵山は昨年8月に負傷した左足の治療・リハビリに専念し、ここまでほとんど実戦には出ていなかった。しかし、今年の年末から始まるグランプリファイナルには出場予定で、すでに完全復活を思わせるような強気な発言も出ている。これで世界1位・宇野とのツートップが復活すれば、日本男子に無双感が増すのは間違いない。さらに、日本男子には新たな息吹も‥‥。

「三浦佳生(18)、佐藤駿(19)、それに友野一希(25)なども力をつけており、面白い存在となっています。オリンピックも含めて世界の舞台で戦える戦力が、日本男子代表には備わっている」

 レジェンド羽生の功績は後輩に世界への道を切り開いたことだった。最新の世界ランキングを見ても友野が6位、2人の若手、佐藤が8位、三浦が9位とトップの宇野を含め4人がランクインしている。むろんケガなどにより大会を欠場すればランキングは大きく変動するものの、それを差し引いても、現在の男子フィギュアは黄金期と呼べるほどの充実ぶりなのだ。

 ただその最強ジャパンも決して油断ができる状態ではないという。

「アメリカのイリア・マリニン(18)も非常に力をつけており、日本勢の強力なライバルとなる。また、ヨーロッパ勢も実力者ぞろいで強敵となるでしょう。ただ、それらに対抗するだけの力を日本男子が持っているのも間違いない」

 ちなみにマリニンは現在ランキング2位、そしてあの羽生もできなかった4回転アクセルを公式戦で跳んだ唯一の選手だ。ゆめゆめ油断は禁物だろう。

 お次は女子。浅田引退後の注目度は下降線をたどっているかに見えるが‥‥。

「エースの坂本花織(23)は健在で、世界トップクラス(現在ランク1位)で勝負している。ただ、坂本より下位の三原舞依(24)や渡辺倫果(21)を含めた他の選手の底上げが、日本女子全体として必要となります。そして、懸念材料としてはウクライナ戦争などによるロシア選手の動向が大きい。彼女たちが参加するかどうかで大きく変わる。他に、成長著しい韓国選手への警戒も欠かせないでしょう」

 世界情勢はスポーツ界でも刻一刻と変化する。列強とアッパレ奮闘する日本代表の活躍に期待したい!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬