社会

安倍晋三 「大義なき解散」の裏にあった政権大暗闘(1)ある記事がきっかけとなった

20141127a

 突如として現実味を増した消費税増税の延期による年内の解散総選挙。仕掛けたのは他ならぬ安倍総理と菅官房長官だという。一向に好況感を生まないアベノミクスの信を問うことが今回の選挙の裏争点だが、今、ここで解散する“大義”とは何なのか。そこには長期政権を狙う安倍総理と、それに伴う政権内部の暗闘劇があった!

 以前の記事で「来年7月解散」の可能性に触れ、政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は安倍晋三総理(60)の性格を解説しながらこう語っていた。

「自暴自棄になり『解散』を口にする可能性はゼロではありません」

 ところがその後、年内の解散総選挙は確定的に。はたして総理は乱心したのだろうか。きっかけは9日、日曜日の読売新聞朝刊による次の記事にあった。

「増税先送りなら解散」

 1面と4面で増税延期が「いかに安倍政権にとって有利か」が報じられた内容だった。北京で行われたAPEC出発前、安倍総理はこの記事を読み、しばらく考えていたという──政治評論家の浅川博忠氏が解説する。

「あれは読売が野党に『解散』のブラフをかけた記事でした。それを安倍総理が利用したのです。北京出発前にそういう手があるな、年末選挙のほうが得なのではないかということで腹を固めて、菅官房長官周辺が『解散』の情報を流しました」

 確かに、このもくろみには多くのメリットがある。

【1】野党は共闘も含めて準備ができていない

【2】4月の統一地方選があるので、地方議員が自分の選挙の前哨戦として本気で応援に取り組んでくる

【3】辞任した小渕優子、松島みどり両議員の他に閣内に4~5人いるという“傷物大臣”を一掃できる

 それにしてもなぜ「読売」が野党にブラフをかけるのか。そこには読売新聞・渡辺恒雄主筆(88)と安倍政権の関係がある。官邸の関係者が語る。

「増税先送りと解散は渡辺さんが強く主張している論でした。官邸を通じて安倍さんに連日提言をしていたそうです」

 渡辺氏と総理の窓口になったのは、選挙の参謀役である茂木敏充選対委員長と党内ではささやかれている。このことからも安倍政権と渡辺氏の蜜月ぶりは明らかであると言えよう。

 水面下の動きが理解できたとしても、今回の解散総選挙が国民に理解しがたいことは間違いない。各社の世論調査が示すように、増税の先送りは多くの国民が願うところであり、それを先送りしたとして、なぜ「信」を問わなければならないのかわからないからだ。経済評論家の渡邉哲也氏が解説する。

「消費税増税法には附則があります。18条に景気対策条項がついていて、その時の政権、つまり総理が景気情勢を判断して増税の時期や停止を行うようになっています。ところが、この法律には停止後に廃止や修正をする一文がないのです。停止後も『死に体』として法律は残り矛盾が生じる。そこで法改正が必要となります」

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
2
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
3
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
4
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”
5
“デキ婚”とは言わせない!サラブレッドハンター滝川クリステルの威光ぶり