芸能

“ド天然”上野樹里のプッツンぶりが鳴りを潜めているワケ

20141121ueno_2

 来年1月スタートのTBS系ドラマ「ウロボロス」で、上野樹里(28)が初の刑事役に挑戦する。

 生田斗真主演の同ドラマは人気コミック漫画が原作。児童養護施設出身の刑事と同じ施設で育ったヤクザがタッグを組み、育ての親である施設の女性職員殺人事件を隠ぺいした警察関係者を追及して復讐を企てるというストーリーだ。刑事役に生田が、ヤクザ役に小栗旬が扮し、上野はヒロインとなる東大卒のキャリア組の女性刑事を演じる。

 上野といえば、11年に放送されたNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で主演を務めるなど、日本を代表する若手女優の1人であるが、その一方でド天然なプッツンぶりでも話題を集めてきた。

「上野さんはとにかく扱いづらいことで有名、ことマスコミ関係者の間では評判が芳しくなかった。かつてオリエンタルラジオの藤森慎吾との交際が取り沙汰されていた時期も、映画の会見で『交際は順調?』と聞かれてブチギレ、スタッフに質問した記者を捕まえさせようとしたのは有名な話です。別の映画の取材会の際も、共演の玉木宏に対し、報道陣が熱愛の質問をぶつけるとあからさまに不快な態度を示し、記者たちを震え上がらせました。さらに、『江』の現場では大先輩の宮沢りえや鈴木保奈美にタメ口をきいて周囲を凍り付かせていたそうです」(スポーツ紙芸能担当デスク)

 そんな上野が「東大卒キャリア組の女性刑事」では、イメージが真逆のようにも思えるが‥‥。

「20代前半には数多くの武勇伝を世に放った上野さんですが、最近はだいぶ丸くなったようで、現場でも穏やかに過ごしている姿が目立ちます。もともと彼女はいわゆる“憑依型”の女優で、大きな役を演じている時期は、性格やプライベートまで役の影響を受けるほど入り込むタイプなんです。藤森や玉木の件でブチギレた当時はかなり突飛なキャラクターで知られる『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)の主人公を演じていましたし、『江』ではお姫様役でしたからね。そういう意味では今回は知的なエリート刑事の役なので、トラブルが少ないことを祈りたい」(某芸能プロダクションマネジャー)

 昨今、かつてのプッツンぶりが鳴りを潜めているだけに、その不気味さを感じずにはいられない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
3
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
4
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
5
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”