スポーツ

どうするオリックス!「計27勝」山本由伸・山崎福也が抜けた穴

 広島・西川龍馬外野手の移籍先としてオリックスが有力視されている。西川は11月14日、マツダスタジアムで会見し、昨年取得した国内FA権を行使することを表明。「行くならパ・リーグでやってみたい。野球人生は短いのでそっちのほうでもプレーしたい」とパ移籍を熱望している。

 すでにオリックスとソフトバンクが獲得に興味を持っていると報じられていたが、ここにきて西川の地元・大阪を本拠地とするオリックス移籍が有力視されている。スポーツライターの話。

「今季、オリックスはリーグ3連覇を達成しましたが、外野のレギュラーは中川圭太だけ。西川が加われば外野手の層が厚くなりますからね。昨オフには日本ハムからFAとなった近藤健介の獲得に乗り出したもののソフトバンクに敗れており、西川に対しては5年総額15億円以上の大型契約を準備しているとも言われている。意地でも獲得したいところでしょう」

 ところでオリックスといえば、山本由伸、山崎福也の両投手がFA宣言しており、山本は今季16勝6敗、山崎は11勝5敗と2人合わせて27勝。2人が抜けると来季の投手力ダウンは必至。そんな中、2人の穴を埋めるべく来季伸びそうな若手投手2人を、14日放送の「朝生ワイド す・またん!」(読売テレビ)で阪神・オリックスOBの能見篤史氏が挙げていた。

 その2人とは、今季大卒1年目の曽谷龍平(今季1勝2敗)と、高卒1年目の齋藤響介(同0勝0敗)。能見氏は曽谷についてこう語っている。

「今年なかなか勝てなかったですけど、自分の中で、このボールは通用する、でも、これが足りないというのがある程度わかったと思う。ここからまだまだレベルアップする」

 9月26日、西武戦(京セラドーム)でプロ初登板初先発し、4回を無失点に抑えた齋藤については、

「特にストレートの質がいい。18歳でこんなボールを投げるかと。まだ体もできていないのにこのボールが投げられるということは、できたらさらにレベルアップするはず」

 と期待を寄せていた。来季、この2人が先発ローテに入って活躍するのを楽しみにしたい。

(鈴木十朗)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」