事件

迷走巨人 清武クーデターの波紋(3)来季は何の相談もしない

 その「弁解」とは次のようなものだったという。
「本当は江川さんを入れたいわけではなかったんだけど、渡邉会長から『何かテコ入れ策はないのか』と聞かれ、いろんな案のうちの一つだった」
 岡崎コーチはその場では「わかりました」と、いちおうは納得したという。
「岡崎コーチというスパイを雇っていた清武氏が解任され、原監督も表面上は和解というか、矛を収めた形になっている。でも本心では許していないですよ。来季、打順などの相談は江藤智打撃コーチ(41)にするでしょう。原監督は江藤コーチを物凄くかわいがっていますからね」(前出・スポーツ紙デスク)
 江藤コーチは現役時代、巨人にFA移籍した際、「原さんのそばがいい」と、自宅を原監督宅の近くに構えたほどの、従順な「原ファン」。西武で現役引退後、「ウチに帰ってこないか」と声をかけ、コーチ就任を打診したのも原監督だった。
 プロ野球中継スタッフも言う。
「来季はやはり、現実的には原監督は岡崎コーチを信用せず、何の相談もしないでしょうね。表面上は大人の対応をするでしょうが、ますます独裁色を強め、岡崎コーチの役割がなくなります」
 もちろん、そんなコーチの言葉に、選手たちも耳を傾けるかどうかはきわめて怪しい。前出・球団関係者が苦笑する。
「試合前のミーティングで岡崎コーチは、スコアラーが上げてくるチャート(相手先発投手の傾向など)を見て説明する。でもこれはベンチにも貼られたりするので、選手にしてみれば、そんなものは見ればわかる。『最近の2、3試合ではこうだったからどうしろ』という、もっと突っ込んだアドバイスが欲しいんです。試合中なら『外のスライダーはボール1個分外れているから、捨てていい』など、的確に言ってほしい。今年は統一球になって、選手たちも戸惑っていたのに、具体的な指示は一切なかったようです。だからチームが低迷した」
 今回の騒動で、配置転換計画があった岡崎コーチは選手から軽んじられ、かねてからくすぶっていた不信感がさらに上塗りされることになる。が、原監督とて同じで、
「選手たちも2人の関係が冷えきっているのがわかっていますし、『原監督は江川さんにしようとしてたんだ』と思って戦うことになる。首脳陣に対する求心力はだいぶ下がるでしょうね」(前出・中継スタッフ)
 桃井恒和球団社長(64)は原監督と来季からの2年契約で合意する際、
「来年、3年連続V逸となったら、それはやっぱり責任を取らないといけないよ、とも一緒に伝えました」
 と、途中解任もありうることを示唆した。だがこんなありさまでは、原監督、岡崎コーチが2人そろって巨人を去ることが現実のものとなるかもしれない。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”