スポーツ

サッカー森保一監督の三男が「ベストイレブン」を発表したら父親を選ばなかった寂しい理由

 森保一監督の三男でサンフレッチェ広島に所属していた森保陸氏が元浦和レッズの水内猛氏のYouTubeチャンネルに出演し「ベストイレブン」を発表した。

 森保氏が選んだ11人は、まずゴールキーパーに大迫敬介。

「ユースで一緒に練習したのですが、シュートがまったくはいらなかった」

 という。右サイドバックは菅原由勢。センターバックは鹿島アントラーズの関川郁万と、サンフレッチェ広島の山崎大地。左サイドは福島ユナイテッドFCの鈴直樹。

 ボランチからベストイレブンに選んだのは、ロアッソ熊本の平川怜と広島の松本大弥。父親の森保一を選ぶことはなかった。すると水内氏は、

「そこは親父だろ。ポイチだろ」

 と指摘。森保氏は

「親父、確かに。でも、僕あまり(父親の)プレーわかんないんです。あんま見たことないですよ」

 と、選ばなかった理由を明らかにすると水内氏は、

「ポイチは入らないのか…」

 とポツリ。

「ポイチはちょっと」

 と森保氏が返し笑いが巻き起こった。

 左サイドハーフは広島の東俊希で、右サイドハーフは久保建英。ツートップは広島の満田誠と川崎フロンターレの宮代大聖をチョイス。ここでも水内氏から、

「そこはカズだろ」

 とツッコミを入れられた。

 森保氏は実際にプレーを見たことがある選手から11人を選んだため、父親は入らなかったようだ。

 とはいえ、ここは選んでほしかったというのが森保一の素直な気持ちかもしれない!?

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談