芸能

片岡鶴太郎「僕は快楽主義者だと思ってるんですね」/テリー伊藤対談(2)

テリー その時は何を着てるの?

鶴太郎 夏場はもうパンツ1枚です。最近は少しずつ涼しくなってきたから(編集部注:対談収録は10月)、やっとTシャツを着るようになりましたけど。わりかし素肌でやることが多いですね。

テリー 下はヨガマットみたいな?

鶴太郎 フローリングの場合はマット敷いたりしますけど、絨毯の場合はほとんど絨てますね。

テリー 朝5時ぐらいまで何も食べないの?

鶴太郎 もちろん食べないですね。

テリー 途中でお茶飲んだり。

鶴太郎 そういう時もなくはないですけど、飲むとしても白湯ですね。

テリー 音楽は?

鶴太郎 あんまりかけないンです。

テリー それだと周囲の雑音みたいのは気にならないの? 近くを車が通ったりとか。

鶴太郎 深夜1時、2時って静かですから。たまに夜中まで仕事があって4時、5時から始める時は、もう世間が起きちゃって俗っぽい音が入るとやっぱり集中できないですけど。

テリー そうか。で、食事は朝6時ぐらいから食べるんだ。

鶴太郎 そうですね。ヨガを5時までやって、5時半ぐらいから朝食に入るんです。これは最高の朝食ですね。1日1食ですから。2時間半かけて食べます、毎日。

テリー 例えば今日は何を食べたんですか。

鶴太郎 毎日ほとんど同じようなものなんですけれども。季節の果物ですね。今日はシャインマスカットと巨峰があって。あと太秋柿というね、これがメチャメチャうまいんです、ちょっと大ぶりで、ちょっと硬めでね。梨みたいな触感で糖度が梨の10倍ぐらいあるような。これを1玉ずつ食べて。

テリー へぇ。

鶴太郎 あと野菜サラダですね。ほとんど料理は自分で作るもんですから。レタス、玉ねぎ、ワカメ、ひよこ豆、大豆、それを塩ゆでしたものを和あえて食べて。その後に甘酒と大豆の塩ゆでしたものを和えて食べて。それと、野菜料理ですね。きんぴらごぼうだとか煮込みの野菜とか、そういうものと玄米を食べてます。

テリー 精進料理みたいだね。

鶴太郎 ちょっと精進料理っぽいですね。

テリー お肉は?

鶴太郎 家にいる時はほとんどいただかないですね。外でランチ会とかやる時は、何でもいただきますけど。

テリー それはいいの?

鶴太郎 ええ、全然。何でも食べます。肉でも魚でも。

テリー 例えばショートケーキでも何でも食べたい時は食べればいいんですね。

鶴太郎 そうです。食べたい時は食べればいいし。家では菜食にしてますね。その方が楽なんで。

テリー もう胃も体もそうなってるんでしょうね。

鶴太郎 はい、そうなんですね。

テリー そういう生活を何年続けてるの?

鶴太郎 もう12年ですね。

テリー 別にストイックなわけじゃないんでしょう?

鶴太郎 そうですね。むしろ僕は快楽主義者だと思ってるんですね。こんなに気持ちいいことないんですよ。やってて、いちばん気持ちいい。

テリー なんかわかる気がする。鶴ちゃんに合ってるんでしょう?

鶴太郎 そう思います。これが苦行だったら続かないでしょうね。

ゲスト:片岡鶴太郎(かたおか・つるたろう)1954年、東京都生まれ。高校卒業後に声帯模写の片岡鶴八師匠に弟子入り。以降、バラエティー番組を中心に活躍。30代でプロボクシングのライセンスを取得し、本格的に役者に転身。映画「異人たちとの夏」、ドラマ「男女7人夏物語」(TBS系)など多くの映画やドラマに出演し、「日本アカデミー賞最優秀助演男優賞」などを受賞。また、絵画や書など芸術家の一面も持つ。最新著書「老いては『好き』にしたがえ!」(幻冬舎新書)発売中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」
2
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
3
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」