芸能

あのちゃんがまたSNS投稿を削除「病んでない」「呼吸と一緒」に抱える闇の部分

 歌手でタレント「あの」の深夜の「意味深投稿」は何だったのか。

 あのは11月27日午前0時に自身のXを更新。「消しました。心からは消えてません」などと投稿。その後、ネット上には消したと思われる投稿のコピー画像が拡散を続けている。ネットウオッチャーが語る。

「あのちゃんが『消しました』という投稿は、自分が過去に受けていた『いじめ』についてのものでしょう。そこには中高校生時代にクラスメイトから胸ぐらを掴まれ、トイレの窓から落とされそうになったことや、怪我して松葉杖を使っていた時、移動教室で松葉杖を隠されたこと、隣の席の生徒に『死ね』と書かれたことなどが記されていました。最後は『ぜんぶ許すかな、見返すかな。見返せてるかな。ずっと、1人ぼっち。という気持だった』と結んでいましたが、何かがきっかけで苦しい日々を思い出して深夜に吐き出したのでしょう」

 ネット上ではそんな彼女に「強く生きて欲しい。応援しています」「十分見返しているよ!」などとエールが送られているが、芸能ライターは言う。

「彼女はこれまでにもバラエティー番組などで、過去の『いじめ被害』について言及しています。自分のいじめだけではなく、友人がいじめられている時にはブチギレし、『爆発しちゃって、クラスの教室とか全部荒らした』とも発言していますね。その後は不登校になったといいますが、今でも相当なトラウマになっているのでは」

 あのは今回に限らず度々SNSの投稿を消している。

「自身は『病んでない』『カジュアルなツイ消し』『(削除は)呼吸と一緒』などとも語っていますが、『闇の部分』を覗かせていると言ってもいいでしょう。一瞬で消すため彼女らしく『オーロラ』に例えているものの、SNS上がザワつくことがガス抜きになっているのかもしれません」(エンタメ誌ライター)

 ともあれ、今年はNHK紅白歌合戦にも初出場。学生時代にいじめをしていたクラスメイトを十分に見返すことができているのではないだろうか。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談