芸能

ローバー美々の『聴いて!KPOP』──今 KPOPで流行りの「悪い男、悪い女」とは?

20141203tiara

 韓国は儒教の国。礼節を重んじ、目上の方々を尊重…といったイメージが強いと思いますが、昨今のKPOPでは「ナップンナムジャ、ナップンヨジャ(悪い男、悪い女)」が流行っています。

 私が感じる“悪い女”の雰囲気を醸しだしているのが、T-ara「Sugar Free」。CLUBミュージックにも対応していて、EDMバージョンを出したほど。T-araは日本でデビューした際には、ポピポピダンスなどキュートなイメージでしたが、韓国本国では、「セクシー」や「BAD」なイメージで攻めています。一時、「グループ内のイジメ問題でメンバーが脱退」などの噂が広まりBADイメージがつきましたが、そこからのイメージチェンジが実にお見事。逆手にとって、悪役を演じるかのような悪い女感の曲を披露してきました。私、ぶりっ子が苦手だから、むしろこのT-araの清々しさが大好きです。

 T-ara「Sugar Free」(BigRoom Ver.)

http://youtu.be/FsjwG3FQna4

 そして、“悪い男”代表はBlock B。来年の日本デビューを控え、今後が期待されている男性グループです。日本でのデビューコンセプトは「悪ガキ」。韓国では「悪童」と呼ばれていますが、彼らのデビューからの歩みがそう呼ばれてしまう理由かと。

 前事務所との契約訴訟問題で1年間のブランク。また、タイが洪水の時に不適切な発言をして一時干されてしまうなど、問題児と呼ばれてしまう行動が多く、いつ消えてしまうのかとファンはハラハラさせられっぱなしでした。しかし、リーダーのZICOが作曲、プロデュースする楽曲の良さ、メンバーの個性的なルックスや実力など、才能のみで生き残れる事を証明しているBlock Bは、今後、まだまだ伸びるグループだと思います。「Very Good」と「HER」の2曲は特に悪童感満載!

Block B「Very Good」

Block B「HER」

 今回は、「悪い男、悪い女」をコンセプトにしたKPOPをご紹介しました。

(KPOP洗脳家・ローバー美々)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場