芸能

闇の宝塚歌劇団とは違うNHK朝ドラのモデル「OSK日本歌劇団」カメラ潜入でわかった「雑草魂」の激流史

 かつて笠置シヅ子が所属していたことで知られる、OSK日本歌劇団。放送中のNHK朝ドラ「ブギウギ」で、笠置はヒロイン福来スズ子のモデルとなっており、ドラマでもUSK(梅丸歌劇団)として描かれている。劇団所属の男役スター・翼和希が、ヒロインの先輩・橘アオイ役として出演。他の劇団員も、舞台を彩る劇団員役として顔を見せた。

 そのOSK日本歌劇団が11月30日の「あさイチ」(NHK総合)に登場し、カメラが潜入したのだ。翼の案内で稽古風景などを紹介するもので、現在は49人の劇団員が在籍している。意外なのは稽古場がどこかのビルの一室という感じで、以前テレビで見た宝塚歌劇団の充実ぶりとは大違いだ。

「生命力の強さでどんなところでも咲く、どんなところでも生き抜くっていう強さだったり情熱っていうのが、まさに雑草魂と言われるOSKならではなんじゃないかなと思います」

 そうOSKの魅力を力説する、男役トップスターの楊琳。

 1922年に創立されたOSK(当時の名称は、松竹楽劇部)は、実は過去に何度も苦難を乗り越えている。最大の出来事は、2003年の劇団解散だ。当時の親会社が業績不振のため、支援を打ち切ったのが理由だったとか。

 それでも劇団員たちは諦めず、存続の道を模索して「OSK存続の会」を結成。一度は市民劇団になりながらもなんとか再結成し、今日に至るというわけだ。

「舞台、公演があるのは当たり前ではないと常に思っていて、どんなことがあっても諦めないで舞台に立って、自分の表現をするっていうのを常に心がけております」

 と話すのは、娘役トップスター・舞美りら。翼も言う。

「OSK魂というのは100年続いたコアなところにあると思うので、その先も生き続けてほしいから、それは自分も全て受け継いで、みんなにも伝えていきたいと思います」

 コーナーの最後には翼からMCの博多大吉へ、熱いお礼メッセージが。

「大吉さんがOSKまた有名になってほしいね、と言ってくださった回、私はテレビの前で大号泣しました。本当に嬉しかったです。ありがとうございました」

 闇深き宝塚歌劇団が激揺れする中、こうしてOSKにスポットが当たるというのも皮肉なものだが、これまで雑草魂で頑張ってきたご褒美かもしれない。年末の「NHK紅白歌合戦」にもぜひ出場して、ラインダンスで会場を盛り上げてほしい。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」