スポーツ

ドン小西的スーツの下に防弾チョッキ着用も…「総会屋撲滅」弁護士登場で浮上した日本大学「黒い人脈」汚染

 パッとしない日本大学の会見で異彩を放っていたのが、林真理子理事長とともに同席した第三者委員会答申検討会議の久保利英明弁護士だった。

 黒地に白のピンストライプのスーツに、黒地にオレンジと青が鮮やかなネクタイ。久保利氏をよく知らないネットユーザーは「ドン小西かと思った」「演歌歌手か」「会見に不謹慎」などと呟くほど、キャラの濃さに目を奪われたようだが、日頃は「戦闘服」と呼ぶ緑や紫、赤に白のピンストライプのスーツを着こなしている同氏にしては、かなり抑えたコーディネートだった。

 ネクタイはレオナールかヴェルサーチを愛用。ちなみにレオナールは「世界で最も美しいプリント」と称されるフランスのハイブランドで、「プロ野球界の月見草」野村克也氏の愛妻・野村沙知代さんも愛用していた。

 ド派手なネクタイとスーツを「戦闘服」と呼ぶのにはワケがある。自らを「日本一黒い弁護士」と称する東大法学部卒の超エリート弁護士のライフワークは「総会屋対策」と「企業コンプライアンス」。荒れる企業の株主総会対策として「久保利方式」と呼ばれる、株主総会の総会屋一掃一括審議方式を考案した。勤務先の弁護士事務所に発砲されたほか、あの派手派手スーツの下に防弾チョッキを着ていた時期もあった。

「担当した企業の株主総会の最中、役員を殴った総会屋を久保利弁護士が投げ飛ばして現行犯逮捕したこともあります。企業から反社会勢力を一掃する手腕に長けた『黒い弁護士』の登場は、日本大学が『黒い人脈』に汚染されていることを匂わせました。田中英寿前理事長は逮捕前、暴力団幹部との関係を一部週刊誌に書かれています」

 そう話すのは、全国紙運動部デスクだ。続けてこうも言う。

「12月4日の会見では、理事会でアメフト部廃部に反対する意見が出たことが明らかになりましたが、ここまで不祥事続きのアメフト部の廃部に反対するなんて、不自然すぎやしませんか。林理事長自身、8月の会見で『就任してからスポーツの方は遠慮があり、そちらに手を付けられなかった』と反省の弁を口にしていましたが、理事長を引き受けた当初は日大改革、競技スポーツ部改革がまさかこんな命懸けになるとは、思っていなかったのでは。そう考えると、4日の会見の歯切れの悪さも納得がいきます」

 来月1月13日には大学入学共通テストが始まる。今回の会見を見て、日大を第一志望と決めた受験生はいたのだろうか。

(那須優子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談