芸能

関ジャニ∞「改名」でようやく解き放たれる「関西」の呪縛

 WEST.(元ジャニーズWEST)が、SMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)所属アーティストで最初に改称した。次は、そのWEST.の先輩にあたる関ジャニ∞、さらにSexy Zoneが改名を公約している。

 関ジャニは、KinKi Kidsに続いて関西発のジャニーズグループで2番目に人気を得たグループ。関西ジャニーズJr.発でメジャーデビューした第1号でもある。しかし、セールスのされ方はKinKiと真逆だった。

 KinKiは1997年のデビュー時にレコード会社「ジャニーズ・エンタテイメント」が創設され、プロモーション費用に3000万円も投じられた。デビューシングル「硝子の少年」とアルバム「A album」を同時リリースし、ともにオリコン初登場第1位を獲得。シングルは累計売り上げ178万枚を突破し、以降のシングルはすべて初登場1位。デビューシングルから46作連続で初登場1位は、ギネス世界記録に認定されている。

 対する関ジャニは、「関ジャニ8」の名義で2004年8月に関西限定で演歌「浪花いろは節」でCDデビュー。ジャニーズ42年間の歴史(当時)で演歌は初だった。所属レーベルは、人気演歌歌手を多く抱える老舗のテイチクエンタテインメント。デビューCDは翌9月に全国発売された。

 しかしその後も「関西のジャニーズ」という呪縛から解放されなかった。2枚目の「大阪レイニーブルース」、3枚目の「好きやねん、大阪。」、4枚目の「∞SAKAおばちゃんROCK」、5枚目の「関風ファイティング」と、およそ2年間にわたって縛られつづけた。転機は、「∞SAKAおばちゃんROCK」のカップリングソング「大阪ロマネスク」だった。

「コテコテで明るい関西ソングばかりだった関ジャニとっては珍しいバラードで、アルバムからシングルカットされました。デビュー10周年で行なったファン投票で1位を獲得するほど、支持率はぶっちぎり。18年に脱退した渋谷すばるが、アルバム収録曲として最後にレコーディングしたのが『大阪ロマネスク feat.葉加瀬太郎』。最後に7人(当時)でテレビ歌唱した歌でもあります」(エンタメ誌ライター)

「関西縛り」から解放されるために、歌にバンド、コントに芝居と全力投球。その地道な努力と挑戦が実を結び、関ジャニのコンサートはおもしろいと業界内外で好評に。今ではドームクラスさえチケットが入手できないほどの国民的グループとなった。

「オールジャンル対応型になったため、リハーサルにもお金がかかる。ダンス用とバンド用で、リハ室を常時2つ押さえなければならないそうです」(前出・エンタメ誌ライター)

 同じくバンドも行う二刀流の先輩だったTOKIOは、山口達也と長瀬智也の脱退にともなって音楽活動の継続を断念。同世代の嵐は、グループ活動を休止している。そんななか関ジャニは来年、デビュー20周年記念となる。新たな仕掛けに期待がかかる。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談