社会

医師界にも大波がきていた…中間管理職だけ「無限残業地獄」の哀しすぎる現場事情

 昨今の働き方改革の影響で若い世代を早く帰す一方で、その皺寄せが育成側の中間管理職の医師にきている――。サラリーマン社会と同じような構図が、医療業界にも出来上がっているという。これは医師で元厚生労働省医系技官の木村盛世氏が先ごろ、YouTube番組「帰ってきた虎ノ門ニュース」で語った、中堅医師の過重労働の実態だ。

 働き方改革により、企業は時間外労働の抑制をするようになった。だが時間外を圧縮しても、仕事量が激減してくれるわけではない。引田天功ならそれもできるかもしれないが、我々一般人には無理な話である。

 医師の過重労働も同様だ。いくら勤務時間を減らそうとも患者の数が減るわけではないので、業務の総量は変わらない。

 部下に時間外勤務を頼もうとしても、上層部や経理からは、残業で発生する経費を削減するよう求められる。無理に頼めばパワハラになりかねないので、どうにも二の足を踏んでしまう。結局は残業代がつかないまま、中間管理職が泣く泣く自分で片付けるハメになる。

 管理職は残業時間の上限ルール、いわゆる「36協定」の対象外なので、「定額働き放題プラン」の上、無限に残業をすることができる。かくして「中間管理職・無限残業編」がスタートする。事実、筆者の周囲でも、気が付けば中間管理職ばかりが残業をしている。

 この中間管理職を担う人たちの多くが40代後半になるであろう、就職氷河期世代を経験した世代である。就職で苦労してなんとか中間管理職にまで辿り着いたと思えば、この仕打ち。

 さらにこの世代は、今なら確実に放送禁止となりそうな「24時間働けますか」のキャッチコピーで一世風靡した「リゲイン」のCMを見て育った。若い頃は残業&パワハラ上等の世界ですごしていたのに、いざ自分が管理職になると部下の残業は抑制され、かつて自分を育てた上司の手法の多くは、パワハラとして使いものにならない状態になっている。

 このようなことを書いても「残業をするのは無能だから」とか「それが管理職だ」といった辛辣な意見は多いだろう。

 民間業者の調査によれば、「管理職になりたくない」と答えた人の割合は77%にもなるという。かつては椅子の奪い合いであった管理職が、今やドラえもんのジャイアンリサイタルの招待状と同じ扱いになりつつある。

 管理職のメンタルケアや環境改善は今後、企業がさらに取り組むべき課題となる。さもなくば、管理職無限残業列車は止まることなく、やがて乗り手はいなくなるだろう。

(群シュウ)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」