芸能

やしきたかじん 「“超”豪快伝説」を8人の著名人に直撃!(1)路上で「お前も歌え!」と…

20141211d

 やしきたかじんが今年1月3日に亡くなって間もなく1年。11月に発売されたガン闘病記「殉愛」を巡っては、出版差し止めなどの訴訟トラブルが勃発し、物議を醸している。そこで、たかじんと親交が深かった8人の著名人を直撃。闘病本には書かれなかった超豪快伝説を発掘した。

 12年1月末に食道ガンを理由に芸能活動を休止。その後、13年3月に復帰を果たすが、再び体調不良を訴え、休養生活に入ったまま、今年1月に64年の生涯を終えたやしきたかじん。今年5月1日からJR大阪駅の発車メロディが代表曲「やっぱ好きやねん」になるなど、死後もなお絶大な人気を集めている。

 一周忌が近づく中で、壮絶なガン闘病生活を描いた作家・百田尚樹氏の著書「殉愛」(幻冬舎)に書かれたエピソードの「真偽」が問題となり、親族が訴訟を起こす事態に発展しているのは、たかじんファンにとっては残念なことである。その結末は司法の裁定に委ねるとして、死後も続く大人気番組「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)などで共演した中部大学の武田邦彦教授は、最後に対面した時の様子を振り返る。

「13年3月に現場復帰された直後に収録で会いました。頬がこけるほど痩せていたので心配でしたね。以前は1回の収録で2本撮りだったのが、この時はたかじんさんの体調を考慮して1本撮りに。本番中は以前と変わらないキレのある毒舌は健在でしたが、カメラが止まると控え室で横になっていました。でも、タバコは吸っていましたね」

 発症していたのは食道ガン。タバコを吸っていいはずがない。

 タバコだけでなく酒も愛したたかじんは本拠地、大阪・北新地での武勇伝は数知れず。野球解説者の金村義明氏が秘話を明かす。

「10年ほど前になりますが、北新地を歩いていたら『おい金村、ちょっとこっちに来んかい』と呼びつけられたんで振り向いたら、たかじんさんだった。『何やっているんですか?』と尋ねると『こいつが下手やから、代わりにオレがやってんねん』と、ストリートミュージシャンからギターを奪って弾き語りをしていたんです。結局、『金村、お前も歌え!』となって、たかじんさんのデビュー曲『ゆめいらんかね』のサビを延々と歌わされました。ほろ酔いのたかじんさんは、アフターでホステスを連れて歩いている顔なじみの社長らに『おい、財布出せ』と声をかけて、チップを払わせていました」

 この時の様子はテレビ番組内で「ストリートライブで20万円稼いだ」と豪語したというが、実際は7万~8万円。だが、チップは全額、ストリートミュージシャンに渡している。

 たかじんの豪遊ぶりをたたえて北新地「堂島浜通り」を「たかじん通り」に改名、さらに「たかじん像」の建立プランもあるが、「たかじん胸いっぱい」(関西テレビ)にレギュラー出演するフリーキャスターの八木早希氏は「新地は大阪の文化やから残さな」という、たかじんの言葉が印象に残っていると言う。

「毎日放送の新人局アナ時代の2001年にアメリカの9・11テロが起こり、その2週間後にたかじんさんの通訳役として3泊5日のニューヨーク取材に同行したのをきっかけに、北新地にもよく連れて行ってもらっていました。たかじんさんはトラックや露天で細々と果物を売っているおじさんに『このイチゴ、全部もらうわ』と、段ボールごと買い占めて、同行した私たちに配るだけでなく、通りすがりの人を捕まえて、『兄ちゃん、お前ちょっとこれ持って帰れ』と配ったりしていました」

 北新地という街を愛し、応援する姿勢の表れが、そんな行動に駆り立てたのだった。

「着席しただけで何万円も請求される高級クラブにも連れて行かれ、『八木くん、ママがどういう時にグラスを引いて、話しかけているかをよく見ておきなさい』『本物のワインの味を教えたる』と」(八木氏)

 さらには「ええ女とはこういうもんや。わかるか」「はい、わかりました」という感じで、大人の手ほどきを受けたのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
老化でもう限界!?太川陽介、バス旅で犯した「致命的なミス」とは
2
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(中)相手にもされなかった“大物俳優”
3
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(上)人気下落を生んだ過去の“大本命”
4
加藤綾子が「アナザースカイ」で語れなかった“中3でホストと交際”過去
5
裏で1人でヤッてた!?「テラスハウス」史上最悪の展開にネットが大荒れ!