政治

【裏金政権】岸田文雄がそれでも内部調査をやらない「ズレまくり」で自民党内から「さっさと退陣してくれ」

 メガトン級のスキャンダルで政権崩壊まっしぐら。自民党の派閥パーティーで政治資金のキックバックがあったとされる問題が、さらなる広がりをみせている。裏金が渡っていたとされる安倍派の権力者「5人衆」の松野博一官房長官や萩生田光一政調会長、西村康稔経済産業相、高木毅国会対策委員長、世耕弘成参院幹事長が交代する方向となり、大揺れ。捜査当局は、臨時国会が閉会する12月13日以降に、キックバックを受けた疑いがある議員への聴取を行う方向で本腰を入れている。全国紙政治部デスクが語る。

「安倍派議員へのキックバックの合計金額は、数億円規模になりそうです。東京地検特捜部は本気でやるつもりで、すでに派閥の会計責任者から任意で事情を聴いています。全国から優秀な検事を応援として呼び、政治資金規正法違反の疑いで大物の立件を狙って、休日返上で証拠固めを行っています」

 大ダメージを負っているのは、岸田文雄総理だ。政権は機能不全で、内閣改造、党役員人事を行うのは不可避だが、捜査の広がりが見通せず、人選ができない。さらに国民からの退任要求が強まり、衆院解散論も出てきた。

「この非常時に、岸田総理がリーダーシップを発揮できていないのが問題です。内部調査をやらず、政治資金パーティー自粛と岸田派を自身が離脱することを発表しただけ。一時しのぎのズレまくった対応に、政治不信がますます高まっています。自民党内からは岸田総理の早期退陣を求める声が日に日に増しており、少なくとも来年の自民党総裁選前を待たずした退任が不可避となりつつあります。永田町では『いつ岸田総理が辞めるか』『ポスト岸田は誰か』という話題が飛び交っていますね」(前出・政治部デスク)

「政治とカネ」の問題で、内閣支持率は「危険水域」とされる20%台に。岸田政権は末期症状の様相を呈している。

(佐藤恵)

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった