スポーツ

ドラフト指名リスト入りからFA移籍と広島カープ復帰まで…新井貴浩が歩んだ「型破りコネ人生」

 2023年シーズン、広島カープをリーグ2位に押し上げた原動力のひとつが、新井貴浩監督の明るすぎるキャラクターだといわれている。チームがサヨナラ勝ちや逆転勝利を収めようものなら、真っ先にベンチを飛び出す姿は、すっかりおなじみだ。

 その新井監督が歩んできたのは、実は「コネ人生」だったといわれている。1998年にドラフト6位で指名され広島に入団したが、当初は守備がとてもプロで通用するレベルになく、指名リストに名前は掲載されていなかった。

 だが、生粋の広島ファンで、小さい頃から赤ヘル軍団の一員になることを夢見ていた新井監督は、自分と同じ駒沢大OBで広島の中心選手だった野村謙二郎を、手土産持参で訪問。バットスイングを披露し、アピールしたという。

 このなり振り構わない行動に心を動かされた野村が球団に猛プッシュし、会議直前にリスト入りを果たしたのだ。さらに同校OBで、山本浩二監督の下でヘッドコーチを務めた大下剛史のツテも頼り、なんとかドラフト当日の指名にこぎつけた。

 新井監督の「コネ」は、広島復帰の際にも発揮された。彼は当初、「生涯広島」を宣言していたが、先にFAで阪神入りしていた金本知憲のあとを追って国内FA権を行使し、2008年に阪神入りした。広島はメジャーでプレーした黒田博樹など海外FA組は別として、国内FAで他球団に移籍した選手の出戻りを、松田元オーナーは認めないという不文律がある。

 2014年に阪神から戦力外通告を受けた新井監督も、本来なら広島復帰は難しかったが、ここで「コネ」が発揮された。新井監督の広島愛の深さをアピールされた球団フロント幹部らが、松田オーナーを説得。再び赤ヘル軍団の一員になったのである。

 だが「コネ」だけの選手でなかったのは、周知の通りだ。人一倍の努力で広島でも阪神でもレギュラーに。MVPや本塁打王、打点王のタイトルを獲得し、球界を代表する選手になった。「大事なのは入り方ではなく、入ってから」を証明した現役人生といえよう。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」
5
これじゃ起爆剤どころか消火剤…阪神の「なんでもかんでも振る男」佐藤輝明はもういらん!