社会

【年末年始はヤバイ】関西国際空港リニューアルしても大行列のナゼ!?「3時間前に到着したのに…」

 関西国際空港は2025年の大阪・関西万博を見据えて、2021年から改修工事が行われていた。12月5日には第1ターミナルビル、国際線出発エリアのリニューアルオープンが報じられたが、スムーズな出国手続きができるように出国審査場は南北2ヵ所から中央1ヵ所にまとめられ、2階には約2500平方メートルのウォークスルー型免税店として、国内国際空港としては最大規模のショッピングエリアがオープンしている。

 年末年始の出国ラッシュに向けて準備万全…かと思いきや、

「いや、まるで混雑が緩和されていません」

 そう言って不満をあらわにするのは、リニューアルした関空から海外へ出かけた男性だ。

「外国人旅行者が戻ったことにより、日本人よりも外国人で混雑しています。私が行ったのは平日でしたが、それでも保安検査場に入るまですごい行列で、1時間近くかかりましたね。混雑しているとは聞いていたので3時間前には空港に着いたのですが、出国できたのは搭乗時間が近くなってから。チェックインもカウンターも、オープン1時間前からすでに行列ができていました」

 年末にはさらに混雑が予想されるため、最低でも4時間前には空港に到着しておいた方がいいのでは…と男性は指摘するのだ。リニューアルされた免税エリアについても、

「免税店にも外国人旅行者が行列を作っていたため、ほとんど見ることはできませんでした。タバコだけ買いたかったのですが、それでも20分くらいは並びましたね。関空の第1ターミナルは、搭乗ゲートによっては免税エリアからウイングシャトルに乗って移動しないといけないんです。もっと搭乗ゲートから近い免税店を充実させてほしいと思いました」

 関空の混雑が解消されない主な理由としては、地方からの格安航空会社(LCC)の国際線が再開されていないことが挙げられる。そのため、旅行者は全て関西国際空港に集中してしまっている状態だ。 いずれにしても年末年始の旅行者は、関空から出発する際には早めに到着することが賢明といえる。

(京野歩夢)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え