政治

金正恩と習近平が悪魔のタッグ!中国への脱北者は「強制送還⇒処刑」/北朝鮮「餓死・拘禁・粛清地獄」極限の最新現場(4)

 事実上、唯一の脱北ルートとされてきた中朝国境ルート。ところが「北の独裁者」こと金正恩総書記は2020年1月以降、豆満江沿いの国境地帯に二重フェンスや警戒監視所などを造設するとともに、北朝鮮人民軍の工作機関・偵察総局の要員を送り込む。脱北者の監視と摘発を強化するなど、脱北ルートの完全封鎖に乗り出したのだ。

 韓国で脱北を支援している団体など、複数の関係者によれば、中国人ブローカーの手引きによって豆満江を越えた脱北者はまず、ブローカーから偽の身分証を受け取って中国朝鮮族になりすます。その後、鉄道やバスなど、陸路で東南アジアとの国境まで移動。タイなどに入国して韓国政府に保護を求め、空路で目的地の韓国へと逃げ込む…というのが、典型的な脱北方法だったという。

 ところが「中共の独裁者」こと中国の習近平国家主席も、脱北阻止に血道を上げる金正恩に呼応する形で、タッグを組んで動いている。中国国内に潜伏する脱北者の検挙に乗り出しているというのだ。習近平政権の内情に詳しい国際政治ジャーナリストが明かす。

「習近平は国内の脱北者を不法滞在者と位置づけ、次々と逮捕しては北朝鮮へ強制送還しています。脱北者の検挙にあたっては、街中に張り巡らされた高性能監視カメラや顔認証システムなど、ハイテク機器が駆使される。最近は身分証のデシタル化によって、偽造が不可能になりつつあります。その結果、中国人ブローカーが秘かに手配した車に乗って東南アジア国境を目指すケースが増えているわけですが、習近平は高速道路や一般道路での検問を強化するなどして、不法滞在者一掃の大号令をかけ始めているのです」

 現在、不法滞在者として逮捕され、収監されている脱北者数は3000人に迫るといわれる。これらの収監者は新たな収監者と入れ替わる形で、次から次へと北朝鮮に強制送還されているというのだ。国際政治ジャーナリストが続ける。

「中国から北朝鮮へと強制送還された脱北者の運命は悲惨です。ことごとく強制収容所に送られ、思想教育の名のもと、出口のない強制労働を課される…。ところが多くの場合、極刑を言い渡されて処刑される、というのが偽らざる実態でしょう。中には脱北者の家族もろとも処刑されるケースもあると聞いています」

 金正恩と習近平。極東アジアの一角に君臨する2人の独裁者は今、阿吽の呼吸で悪魔の所業に手を染めているのだ。(つづく)

(石森巌)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【球界爆笑秘話】ボールがアレに当たって悶絶する捕手に長嶋茂雄が放った「まさかのオヤジギャグ」
2
事務所が猛抗議!「星野源W不倫10億円もみ消し」仰天暴露投稿に挙がった「NHK美女アナ」の名前
3
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン
4
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
5
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから