スポーツ

まずは「有馬記念」的中で「プラス2万円」スタート/日本全国「旅打ち」行脚~2023年暮れ大一番「5番勝負」(上)

 2023年暮れは前年と同様、ボートのSGグランプリ(住之江)、JRAの有馬記念(中山)、地方競馬の東京大賞典(大井)、KEIRINグランプリ(立川)、オートのスーパースター王座決定戦(川口)の大一番5番勝負、それに女子の大一番2レースにも新たにチャレンジしてみた。その前に、まずは2022年を振り返ってみる。

 この年のSGグランプリは、初めて長崎の大村ボートで行われた。全国でも屈指のインが強いレース場で、10月に旅打ちに出かけ、暮れに備えた。結果は①白井英治がイン逃げを決め、3連単は①⑥④6530円。これは学習の甲斐あって的中。幸先のいいスタートを切ることができた。

 次は有馬記念だ。4月にパリに出かけて、障害レース専門のオートゥイユ、凱旋門賞が行われるロンシャンの両競馬場まで足を伸ばした。10月の凱旋門賞に、日本馬はステイフーリッシュ、タイトルホルダー、ディープボンド、ドウデュースの4頭が出走したが、雨がたたってタイトルホルダーの11着が最高、という惨敗に終わった。有馬記念にはこのうちタイトルホルダーとディープボンドの2頭が出走し、2番人気になったタイトルホルダーは、逃げて9着に沈んだ。フランスまで出かけたので2頭の心情馬券を買って、ドボンだった。

 余談だが、この時、パリではコロナ対策が終了していて、ほぼノーマスクになっていた。橋の上からセーヌ川のクルーズ船の写真を撮ったら、200人くらい乗船している中で、マスクをしているのはたった一人だった。日本よりも1年早いコロナ明けである。

 しかし、パリを出る前日にPCR検査を受け、陰性証明をもらったものの、トランジットのロンドン・ヒースロー空港でうつされたのか、羽田空港の抗原検査で陽性に。銀座のホテルで1週間も足止めを食らった。その時すでに、凱旋門賞組とは縁がなかったと思った方がよかったかもしれない。

 東京大賞典はテソーロ軍団の総大将、ウシュバテソーロからと決めたが、2着3着が絞れず、ウシュバから広く馬単を買って、収支300円プラスというセコい馬券になった。

 平塚競輪場で開催されたKEIRINグランプリは、夕刊紙の本紙予想で②郡司浩平を本命にしたが、脇本雄太がGPを初優勝。買い足したチャリロトの買い目が的中したものの、3連単は本命サイドの4760円、大トリガミだった。

 そして最後、オートは青山周平と鈴木圭一郎の2強時代。この両者が着外に沈むことはないと考え、2人を絡めた車券で勝負となったが、青山がまさかのスタート出遅れで着外に沈む。鈴木の完璧なレースで2着3着が人気薄で決まり、3連単は8万円台の大穴だ。オーラスはプラスで終わろうと思っていたのに、まさかの結果でオーマイゴッド!

 結局、3安打だけど、かなりのへっこみの年の瀬になった。

 そして2023年暮れ。5レースに加え、女子は、GIがスタートしたガールズケイリンのガールズGP、大晦日に優勝戦が行われるボートのプレミアムGI「クイーンズクライマックス」の2レースだ。競馬党やボート派のファンには興味がない試みかもしれないが、いずれにしたってギャンブルであることに変わりはない。要は走っている数字の勝者を当てること。なんでもいいのだ。

 2023年はSGグランプリと有馬記念が、クリスマスイブの同日開催になった。

 先に雌雄を決したのは有馬記念。2022年には出走しなかった武豊騎乗のドウデュースが、コロナが開けてのリベンジということで、馬券は迷わず3枠⑤ドウデュースから。GI馬8頭が出走する混戦模様で、2着3着を決めかねた。

 3番人気の8枠⑮スルーセブンシーズに気があるが、他馬も…と迷う。8枠⑯スターズオンアース、5番人気の7枠⑬タスティエーラ…。1番人気の5枠⑩ジャスティンパレスだけは、買わないと決める。その結果、枠連を買うことにした。3枠、7枠、8枠の枠連③⑦、③⑧、⑦⑧の3点を各3000円。

 レースは2年連続出走のタイトルホルダーが逃げて3着に残り、追い込んだドウデュース1着、2着がスターズオンアース。武豊は史上最多タイの有馬記念4勝目だ。枠連③⑧980円の配当となり、初戦は2万円のプラスでスタートした。

(峯田淳/コラムニスト)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」