芸能

ローバー美々の『聴いて!KPOP』──Super Juniorヒチョルとナイナイ岡村の日韓交流に拍手!

20141216SuperJunior

 来年は日韓国交正常化50周年です。私は、前から政治とエンターテイメントは切り離して考えるべきと主張してきましたが、韓国は国策でエンターテイメントやKPOPを成長させてきたので、私の意思とは違ってしまうかもしれません。韓国という国の商品がエンターテイメント。輸出し、外貨を稼ぐコンテンツの一つですよね。

 そこは理解していても、人間同士の交流だから、政治とはできるだけ切り離してKPOPを純粋に楽しみたい。KPOPアーティストたちが洋楽のように韓国語のまま日本デビューしたり、韓国でも日本のコンテンツがもっと受け入れられたらいいなあと思うこの頃です。

 これを踏まえて、今回、ご紹介したいKPOPアーティストがSuper Junior(スーパージュニア)です。13人で構成された韓国男性グループで、もう30歳を超えているメンバーもいます。兵役を終えたり、兵役中だったりで13人がそろわない場合も多々あるのが、韓国の芸能界。個々の活動も活発なグループで、今回はメンバーの一人、ヒチョル君に焦点を当てたいと思います。

 彼は良い意味で、“変人”です。30歳を超えているのにすごくきれいな顔をしていて、それを売りにもしています。そして、とにかく神出鬼没。有名KPOPアイドルでありながら、日本の街を平気でプラプラし、旅やハプニングを楽しんでいます。ファンに追いかけられたり、一人でパチンコしたり、ラーメンを食べたり…。

 あまりの不思議くんぶりに、どういう人物なんだろう? と疑問に思っていましたが、ヒチョル君が自身のインスタグラムに投稿した1枚の写真をきっかけに好感度が上がりました。

 ヒチョル君は、日本の芸能人とプライベートで交流していたのです。私は、日韓の芸能人がもっと仲良くなるべきだと日頃から考えていたので、彼を本当に見直しました。

 写っていたのは、プライベートで訪れた大阪のクラブでナイナイの岡村隆史さんとDJをしてる姿。この写真で、彼の人柄が見えました。日本人とあまり交流しないKPOPアーティストが多い中で、すごく嬉しかった。

 そして、数ある彼らの曲の中で、やっぱりこの曲が好きです。

(KPOP洗脳家・ローバー美々)

Super Junior「SORRY, SORRY」

そして新曲

Super Junior「MAMACITA」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
2
鷲見玲奈のジム動画、「バーのバスト食い込み」に「ヒップの張り」も鮮明だった!
3
畠山愛理も霞む”Eバスト”!NHK副島萌生の「色香滴り」衣装にネット騒然
4
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
5
「三角」はイヤ!西野七瀬「水着嫌い」告白にファンから逆に歓喜の声