スポーツ

ロッテ・佐々木朗希は今年も「温室育ち」勝手に取材したら出入り禁止になる

 米メジャーリーグへのポスティング移籍を訴えるなどして、キャンプ直前に契約更改を終えたロッテの佐々木朗希。2月1日の春季キャンプ初日後に取材に応じたが、今年も「徹底ガード」されるようだ。

 プロ野球界にとって「お正月」のこの日はキャッチボール、長距離走などで体を動かした。吉井監督は2月後半、もしくは3月に実戦登板させる方針を固めている。佐々木本人も、

「今年はいろいろ考えながら調整できる」

 と納得顔だ。渡米実現のため指揮官が大人扱いする一方で、取材対応はまだまだ「温室育ち」から抜け切れていない。テレビ局スポーツ担当プロデューサーが言う。

「今年も広報責任者立ち会いのもとでしか、佐々木の取材はできないです。勝負がかかっておらず和やかな空気があるキャンプでも同じで、勝手に取材して報道しようものなら、出入り禁止措置を取られかねない。特に今年はメジャーの一件で、球団も本人も緊張感を高めている。朗希サマのお言葉をそのまま報じるのが精いっぱいですよ」

 そんな調子で称賛とバッシングの落差が激しく、百戦錬磨で乗り越えなければいけないメジャーリーグへの準備ができるのか、はなはだ疑問だが…。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」